IBCラジオが来た

5月15日、花と泉の公園では、IBCラジオの公開生放送が行われた。 朝からとても良い天気で、ステージ上のアナウンサーの方も暑そうだった。 IBCのワゴン車。ナンバーが684となっている。 ラジオのリポーターはカートに乗って移動。カートは1台300円で乗車できる。「自分で運転するので200円にしてくれ」とお願いしたら「馬鹿を言うのではない」と断られてしまった。 園内では藤の花も美しく咲いていたが ぼたんの花も見ごろになっていた。 天気が良く、いや良すぎてドッグランに来た犬もあずま屋の下に入ってしまった。折角咲いたぼたんの花が散ってしまわないかと気になるくらいだ。 出演するアイドルも木の陰で打ち合わせ。犬は毛皮を着ていて暑そうだが、アイドルは日焼けが心配である。 ベゴニア館の入り口に「くりでんミュージアム」のパンフレットを置いていただいた。

続きを読む

カーブモジュールに線路を敷く

プラッツのカーブモジュールに線路を敷いてみる。今回は釘で留めず、両面テープ で留めた。今後の工作のことを考えてのことである。 画像の2枚目は永井市民センターのツツジ、3枚目は花泉支所のツツジである。

続きを読む

交流館倉庫のブルーシート

白崖交流館倉庫の上にかけておいたブルーシートがだいぶ劣化したので、役員で撤去作業を行った。そもそも屋根をかける予定の場所だが、冬の間は工事が出来ないのでブルーシートをかけておいたものである。今後は時期を見て屋根をかける工事を行う。 そのほか、廃品回収の資源類を置く場所についても検討を行った。 嘉永の松を利用したテーブルでお茶を飲んで休憩したあと、農協永井出張所に行って除草剤(カソロン)を購入し、交流館の敷地に散布した。 次回役員打ち合わせは9日午前9時の予定である。

続きを読む

5月2日のぼたん園と連休中の軽作業

 今日もぼたん園に行って来た。入園料は無料であった。 ほとんどの花は咲いていなかったが、わずかに咲いた花があった。カートも人を乗せて巡回していたが、私はカートに乗せられるよりは、一度運転してみたいと思う。 歩道には木材チップを敷いた場所もあり、歩きやすいと評判であった。お昼ごろには雨も上がったせいか、親子連れやカップルが遊びに来てた。 お昼はぼたんハウスでマルゲリータピザを注文した。テイクアウトで自宅に持ち帰る予定だったが、注文が多いのか12時ごろ出てきたので結局はぼたんハウス内で食べた。やっぱりピザは焼きたてを食べたほうがおいしい。1,100円なので、餅バイキングのほうが少し高いけどお得かもしれない。 午後からは自宅で6/12,13の奥州ビッグバンフェスタに持参する模型の準備。ヤード用に以前使用した900*600のパネルを出した。 このままヤードとして使えるかなと思ったが、画像では切れているが接続部がKATOの複線間隔になっていた。路面モジュール規格とは複線間隔が一致しないので、やはりレールをいったん剥がすこととした。 釘で留めてある所や、おそらくゴム系接着剤で固定したところもあって、こんな作業でも1時間ぐらいかかった。架線柱の基台も、接着剤で固定してあるが、今となってはただ邪魔なだけだ。プラニッパーやヤスリなどを使用しながら板の上のものを剥がしていく。過去の自分の作業に苦笑しながら作業を進めていく。伊藤沙莉のナレーションが聞こえてきそうだ。 線路等をすべて撤去した状態である。線路はユニトラック…

続きを読む

雨の牡丹園

 雨に煙るぼたんの花を撮影に行ったのですが 残念なことにまだぼたんの花は咲いていなかった。入場無料。 ぼたん以外の花は咲いているものもあったのだが。 ぼたん園の方の話では、さくらが咲くころ前は順調に暖かくなっていたのだが、ここにきて朝夕の冷え込みが厳しくなったので、開花にも影響しているようだ」とのこと。つぼみが開きかけている。 園内を回るカートも出番がないようだ。 ぼたんハウスでコーヒーを飲む。さすがにアイスではなくホットコーヒーを頼んだ。ピサ焼き窯の炎が温かそうだ。 レストランでもちバイキングを食べた。自分も手袋をはめて料理をとった。利用者が手袋をはめるのは、先日利用した前橋のビジネスホテルよりも厳しいコロナ対策だ。 1,320円のもちバイキング。この後もお代わりは出来た。対面の席との間にアクリル板が設置されていたが、そんなものはいらないほどこの日はすいていた。 連休後半には、ぼたんの花が見られるのではないか。

続きを読む

清水原の桜など

 思い立って、清水原の駅で桜をバックにした写真を撮ろうと思ったのだが、 こんな感じで、桜がいま一つ元気がなかった。町内の他の桜は満開なので、ここの桜だけ病気なのではないかと思った。 何年か前には、桜の木に虫がいるので何とかしてほしいという話が合ったような気もするのだが。 それから、花泉駅前の観光案内板がお色直しをしたというので行ってみた。 線路に面したほうである。なかなかインパクトのある看板だ。 元の国道側から見たほうである。古くなり、また現状と合わなくなっている部分もあったので、リニューアルして良かったと思う。永井に関する記述が少ないのが寂しいが。 マイクロエースから「パーム」のスペアパーツが届いたので、農家の組み立てを再開した。 しかし「パーム」の取り扱いがうまくいかない。接着剤で固定をするのに手間がかかる。 やっぱりNゲージで作って、ジオコレを使ったほうが楽だったかと思う。 視力が落ちてきたので、HOゲージサイズのジオラマを作ったほうが楽だと思って始めたが、模型自体が大きくなると、いろいろ工夫を凝らした表現が可能になる反面、ごまかしがきかなくなってくる。 そもそも「パーム」を使ってカヤや稲を表現しようとしているのだが、どうせならホンニョを表現してみよう。・・・というわけで、作業はまたあした。

続きを読む

白崖自治会運営委員会議

 令和3年度の第1回白崖白崖自治会運営委員会は、4月4日午前9時から白崖交流館で開催された。 この日の協議事項は、行政機関活動の確認や、役員の確認、それに自治会費の納入であった。なお、春の一斉清掃は白崖では行わないことになった。 その後、執行部を中心に「山ノ神」に向かい、2月の地震で転倒したままになっていた石を、ロープを使って起こした。雨が降ってくる前に作業が終わって一安心。

続きを読む

国道342号バイパス暫定開通

国道342号線白崖バイパスが暫定開通した。 午前11時からは開通記念式典が開催された。一関市長や地元選出県議がテープカットを行なった。また、永井地区の行政区長がくす玉を割った。紅白のもちが配られた。 午後2時から供用開始となったので走ってみた。意外と高低差があった。 市道三本木高倉線をオーバークロスする部分。フェンスがある。 まだ舗道が未舗装だったり、石巻側には片側交互通行の個所が残るなど、とにかく年度内に開通させたという印象が残った。 なお、4月になると白崖橋が開通し、県道石越停車場~白崖線が3か月ほど工事のため通行止めになる。白崖橋を通るルートには野良猫が出没するので、通過する車両は注意したほうが良い。

続きを読む

白崖自治会の総会終わる

 白崖自治会の第2回通常総会は、3月7日(日)永井市民センターにおいて開催された。 開始前にお団子が誤って白崖交流館に配達されるというハプニングはあったものの、令和2年度の事業報告、決算報告、監査報告が承認された。また、令和3年度の事業計画及び収支予算案の承認された。 自治会長には佐藤仁悦氏を再任。 また、白崖交流館建設委員会の会計報告も併せて行われ、足掛け7年間の建設委員会の活動も終了した。 「山の神」の倒れた石は、もう少し暖かくなってから起こすことになった。

続きを読む

「まぼろしのたれ」でつくるチャーハン

 花泉味噌醤油株式会社で発売している「まぼろしのたれ」。この「まぼろしのたれ」でチャーハンを作るとおいしいのだ、という話をFacebook上で見たのでやってみた。 タレを目分量で入れたせいか、甘いと思った。ケチャップライスを作る時の感覚でタレを入れたのが良くなかったか? まだ「まぼろしのたれ」はたくさんあるので、また試してみたいと思う。

続きを読む

おたっしゃクラブ

 3月2日白崖交流館で、白崖集落のサロン活動「お達者クラブ」のお手伝いに行って来た。高橋忠史のライブを行ったときに購入したCDラジカセを使用して、座ってできるレクダンス「まつのき小唄」「瀬戸の花嫁」などを踊った。 また、ピンポン玉や紙風船などを使ってゲームを行った。 楽しいひと時を過ごせたと思う。なお、指導しながらの画像撮影はできなかった。  終了後記念撮影を行った。記念撮影なのでマスクは外している。残念ながら近所の火葬と重なったので、出席者がいつもよりは少なかった。 お団子をいただいた。 コロナ過で様々な活動に制約が生じているが、感染対策に気をつけて、やれることはやっていきたいものだ。

続きを読む

もうすぐ開通

 今日はとてもいい天気だ。 国道342号線白崖バイパスの、市道三本木高倉線をオーバークロスする部分にフェンスができていた。開通準備が着々と進んでいるという印象である。 正式開通の日はまだ発表されていないが、新しいバイパスが走りやすいあまり事故が起きないか心配ではある。

続きを読む

自治会長サミットvol.11

 2月23日、一関市川崎町の川崎市民センターで自治会長サミットvol.11(主催:一関市民活動センター)が開催さた。私は地元では会計担当なので、自治会長サミットに参加するのはいかがなものかと思ったのだが参加してきた。 この催しも、新型コロナウイルス対策で、人数制限を行い時間も短縮して行った。 事例発表では「継続の秘訣はつながりと主体性~連携することで安心して暮らせる地域に~」と題して、藤沢町の第27区自治会長の星義弘さんからお話をいただいた。 「コロナ禍の自治会活動」と題して意見交換会が行われたのですが、私の参加した1班は、コロナ禍でも総会は書面議決にしたくらいで、逆に今までやっていなかった屋外での行事をやってみたとか、活動は一時休止を余儀なくされたがその分今までの行事を見直す機会になったなど、困難な状況にもかかわらず前向きな意見が出された。 次回の自治会長サミットは6月7月の開催予定。夜は、白崖交流館の白崖自治会運営委員会に出席した。

続きを読む

石炭ストーブ

 昨日は練馬の学校には冷房はなかったという話を書いた。じゃあ、暖房はどうだったかというと、小・中学校ともに石炭ストーブがあった。 給食の時間になると、石炭ストーブの上に食パンを置いてあぶって食べるのがはやった。こんなことをするのは概ね男子である。それと、40人も同級生がいたのでみんなでやっていては給食の時間が終わってしまう。だから、男子の中でも限られた人数だけが石炭ストーブのトーストを食べていた。 ところが、女子の中で「ガンになるのよ」と言って、石炭ストーブでのトーストをやらない子がいた。確かに今思うと体にはよくなさそうだが、小学生の頃はそんなことは考えもしなかった。(河村さんといったかな。かわいい子だった) 中学生になってから、休み時間に寒いので私は石炭ストーブのすぐそばにいた。すると、焚きつけに新聞紙をくべようとした人が、手元を誤って、火のついた新聞紙が床に落ちて大きな炎を上げた。 私は、近くにあったバケツを手に取り、その炎に向けて水をかけた。 火は消えたが、床が水に濡れてしまった。数名の女子が、雑巾をもって片付けをしたが、私は 「片付ける人はいっぱいいるし、俺は火を消したから手伝わなくていいや」と、それをボーっと見ていた。 ダメだよ、13歳の俺。 どんな理由があっても、床に水を撒いたのは自分なので、片付けるところまできちんとやらなければならなかったのだ。女の子がいっぱい片付けているのだから、その中に無理に入って行っても、片づけはしなくてはならなかったと思う。  その後、私は花泉の中学校に転…

続きを読む

地震があった

  昨夜はテレビを見ていたら、テレビの画面に緊急地震速報のテロップが入り、スマホが鳴り、揺れで神棚のご幣束が倒れたと思ったら、電気が切れた。 暖房が使えないので布団に入った。しかし眠れない。その間にも余震が来た。 1時間ほどして電気が点いたので、テレビを見る。NHKが地震関連の放送を行うのは当然として、民放は局で対応が分かれた。自宅からみている中で、頑張っているなと思ったのはTBC東北放送で、独自に地震の番組を流していた。同じJNN系列のIBC岩手放送は、東京からのネット番組だがこれも臨時の地震のニュース。夕方の「Nスタ」の井上キャスターが、女性アナウンサーと解説の人といっしょに地震の情報を伝えていた。 日テレ系、フジ系は普通の番組をやったのちに、おっとり刀で特別番組に切り替えた。テレ朝は(私が見ていたのもテレ朝のドラマ)すぐに地震の番組を流したが途中「マスクをつけるつけない」といったうちわの話が流れてしまい、若干のグダグダ感があった。 やむを得ない。緊急事態だから。 結局3時ごろまでテレビを見てから布団に入り、7時ごろ起きた。 お悔やみを届けに家を出たついでに、ミニストップまで足を伸ばした。ここで青年団の大先輩ヨーカイ氏と遭遇。現場のパトロールに行くそうだ。地震の際は寝ていたとのこと。それにしても緊急時に現れる人だ。きっと何か持っている。 それから電柱が倒れている現場に行ってみる。倒れたというより折れたみたいだ。花泉の震度は「4」という事だが、自宅て感じたのは「5~6」という印象。 そのあとも従…

続きを読む

2021年の青春18きっぷ

 「のりものニュース」のインターネット上の情報によれば、2021年度も青春18きっぷは発売されるそうである。 「ムーンライトながら」の廃止や、コロナ禍による鉄道利用者の減などで、廃止にならないか心配していたのだが、まずは一安心。 これは手元にあった平成元年の青春18きっぷ。9/10までの有効期限なのに9/7に使用していて、なんかいつもぎりぎりに旅行していたんだなあと思う。一緒に保存していた指定券が、名古屋~新宮間の臨時夜行列車の指定券で、この時にご一緒した方に「列車なんか乗っていないで、ムラおこしなどの活動をしたらどうだ」と説教されたことを思い出す。 その時は「はあ、そうか」と思ったが、そんな簡単にはできなかった。この後潮岬に行ったのだが、海に落ちてカメラをダメにしてしまった・・・

続きを読む

変な天気

 今日はおかしな天気だった。 朝は日がさしたので洗濯物を干した。交流館の清掃に顔を出したら、雨が降ってきて、慌てて自宅に帰り洗濯物を取り込んだ。 お昼は出かけようかとも思っていたが、ホタテ入りの自宅でチャーハンを作った。 午後からは再び日がさしてきた。暖かいと感じたが明日はまた、一関で雪が降るそうだ。

続きを読む

342白崖バイパス、3月中旬から通行開始

 一関土木センターが永井地区の行政区長を対象に説明を行ったところによると、国道342号線白崖バイパスは3月中旬より通行可能とのこと。白崖橋は4月から通行可能。 先に橋の下のバイパスを通行して大丈夫なのかな?と思うが、何とかするのだろう。 バイパス開通後は、まるけんストアの前の信号と、JA永井出張所前の信号は撤去。永井小学校前の信号は小学校の統合後に撤去する予定。

続きを読む

橋げた

  白崖バイパスの工事現場。バイパス工事によって通行止めとなっている部分に橋が架かるのだが、橋げたが見えてきた。開通まであと少し。 1枚目の画像を撮った後、雪が降ってきて午後2時は2枚目の画像の通り。寒くて外に出る気にならない。  さて、画像はないが、テレビではオリンピック員会の森会長の謝罪の会見を中継していた。3社での放映。事の重大さは理解できるが、NHKでは国会中継をやっている。こっちのほうが大事なのではないか。 でも、私も森さんの謝罪を聞いていた…。

続きを読む

弱ったなぁ

  今日は1日自治会の領収書を見ながら決算書を作っていたのですが、気が付くと夕方になっていて米を研ぐのを忘れていました。夕飯は花泉食堂の生姜焼き定食を食べに出かけました。 自治会の決算書作りも結構面倒ですし、今年度はコロナであまり事業をしていないにもかかわらず、支出回数は以前より多くなっています。 市役所への補助金請求の手続きもあります。補助金請求は、市役所で認める経費と認められない費用があり、事務方としては市役所に提出するための決算書をもう一つ別に作るようなものです。いっそ補助金なんかもらわないでできれば、会計担当としては楽なのです。でも自治会の総会では「補助金をもらった」ということに大きな関心があるようなので、そうもいきません。 あまり事務処理が煩雑になると、会計のなり手がいなくなってしまうと思ったりします。  一方、レクリエーション協会も役員会をやらねばならないのですが、私の主治医からは「延ばせるものは延ばしいたほうがいい」と助言をいただきました。一関市内では、昨年の「緊急事態宣言」の際はコロナに感染した人はいなかったのです。でも、現在は緊急事態宣言の対象区域にはなっていないけど患者が発生しているので、状況としては昨年より悪化しています。お医者様の言うことはもっともです。  このような状況で、「腎友会の班長を4月から頼む」という話をいただいたのですが、保留させていただきました。これ以上自分が役職を引き受けてどうなるんだろうと思ったのです。「保留させてもらう」という返事をしたときに声を荒げ…

続きを読む

お焚き上げ

              1月10日に白崖交流館前で「お焚き上げ「」を行いました。  例年、1月の第2日曜日には、白崖集落ではどんと祭と新年会を開催しているのですが、コロナウイルス対策で今回は例年の催しを取りやめ、自治会役員が各家庭のしめ縄などを集めてお焚き上げを行いました。 神事を行った後、各家庭のお札やしめ縄に火をつけました。

続きを読む

エビデンスってなんだろう

 こら、そんなところにいると、クルマに轢かれてしまうぞ。   さて、昨日私は、午後4時から人工透析を受けたのですが、病室のテレビをつけると、Jリーグの「ルヴァンカップ」を中継していました。 まだ新しい国立競技場には、大勢の観客が詰めかけていました。私は「大丈夫なのか?」と思いました。新聞報道ではこの試合の観客は24,219人とのこと。これでも人数制限を行っているのでしょうが、画面で見る限りソーシャルディスタンスは保たれていないようでした。  昨年の11月、未だ菅総理は「GO TOトラベルが感染拡大の証拠だというエビデンスはない」と言っていました。また新しい横文字が出てきました。 エビデンスというのは「証拠」のことなのですね。私はそんな単語は初めて聞きました。花泉高校ではエビデンスなどという単語はならわなかったもので・・・(真面目に聞いていなかっただけかもしれない) 政治家の皆さんには、耳慣れない横文字を使うのではなく、お年寄りでもわかる日本語でものを話してほしいです。訳の分からない横文字で説明されると、なんだか言いくるめられているような気がします。 あとで「エビデンスはなかったが、根拠はあった」などということにならなければいいのですが。  緊急事態宣言の発出が一都三県を対象に行われることになりました。東北は対象外であってほしいとは思いますが、NHKのニュースの画面は全国真っ黄色です。いつ全国に宣言が広がるかわからないのです。全国が対象になる前に、最低限やっておきたいことをやっておこうと思います…

続きを読む

しめ飾り

  白崖交流館の勝手口に階段を設置しました。   それから、正面にしめ飾りを取り付けました。先日のしめ縄づくりの際には、新築した白崖交流館の分を計算に入れなかったので、今回は既成品で済ませました。 これで、今年の自治会の仕事は終わりです。

続きを読む

白崖のしめ縄づくり

 白崖自治会では、12月20日、旧花泉南中学校玄関前において山ノ神に納めるしめ縄を作りました。 縄ないに関しては、私は戦力にならないのですが(笑) あわせて、白崖交流館の清掃活動を行いました。 清掃というより、雪かきがメインになったようです(笑) 作成後は、しめ縄を「山ノ神」に納めました。国道バイパス建設の関係で、いつもの登り口が使えず、降雪もあって山ノ神までたどり着けるか心配だったのですが、何とか山に登りました。 山ノ神の少し上、かつて忠魂碑があったあたりから、涌津方面を見てみました。 この日は、旧花泉南中学校の建物から、花泉町内の学校等に設置する門松の搬出作業が有志の方々の手によって行われました。 来年は、良い年にしたいものです。

続きを読む

今日の白崖

  きょうの我が家の入り口です。一関市では、積雪が32cm(11時現在)との発表なのですが、我が家はそれほどではありませんでした。雪かきではなく雪掃きぐらいはしました。 午後用足しに出かけたときには、自宅付近は、道路に雪が積もっていましたが、国道まで出たら道路の雪は溶けていました。 白崖は、一関市の中心部よりは暖かいのです。天気予報を見れば、宮城県のほうが当たるのです。でも、今日は宮城県には大雪警報が出ていました。実感としては、大雪警報というくらいでもなかったのですが。 天気が回復してきたので 遠出をしようかと思いましたが北の方で車の立ち往生があったので、自重しました。  新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。一関市でも年明けには成人式が予定されています。市長は実施するかどうかは18日に判断と言っています。 開催するにしても中止するにしても、新成人には気の毒な話です。

続きを読む

保険

保険屋が「挨拶に伺いたい」とのことだったので、こちらから伺います、と返事をしました。 コロナの中、わざわざ挨拶まわりをしなくてもいいのにと思ったりのですが、保険屋にも事情があるのです。 コロナで被保険者本人と連絡が取れないとケースが発生していて、私も親族を指定して「保険契約者代理特約」をつけたいというお話でした。 拒む理由はないのでサインしましたがある、保険に入る意味ってなんだろうと改めて思いました。

続きを読む

今日も交流館

外の物置には暫定的にブルーシートをかけました。いずれは屋根を掛けます。 旧交流館からあったパイプ椅子に、プラ製のカバーをつけました。 岩手日日新聞に、落成式の様子が紹介されました。

続きを読む

クリーンウォーキング

 永井市民センター成人教室 いきいきウォーキング⑦ クリーンウオーキング「永井の道をきれいにし隊」に参加しました。  21名の参加者が7班に分かれて、永井地区内の道路の沿道を、ゴミ拾いをしながらウォーキングしました。あくまでウオーキングがメインです トング片手にゴミを集めながら歩いたのですが中にはタイヤなどのゴミ袋に入らないものもありました。 ウォーキング終了後は、ごみを可燃ごみ・不燃ごみなどに分類しました。  ポイ捨てのない永井地区になってほしいものです。

続きを読む

ハクチョウ

 30年ぐらい前の、ある日の夕方。 私は焼酎とピーナツを買って、家路を急いでおりました。 すると 白鳥の群れが、このような感じで、田んぼの落穂ひろいをしていました。私は、寒い中落穂ひろいをしている白鳥が気の毒に思えて、田んぼの端まで行って、持っていたピーナツを田んぼに向けて撒きました。 ところがハクチョウは一斉にバタバタと飛び去ってしまいました。 私は、白鳥というものは、人の心がわからないのだなあと思いました。  ある年は、正月休み明けに出勤したところ、羽根を怪我したハクチョウが川にいるとの連絡が入り、氷の張っている川に入って白鳥の保護に向かいました。でも、白鳥は川の上を逃げ回り、堤防の上に歩いていったところを保健所の職員が保護しました。  私は、白鳥と相性が悪いのだと思います。  今日も、エフエムあすもでは「野良猫に餌付けをしないでください」と放送していました。ですが、野良猫に限らず、野生動物には餌付けをしてはいけないのです。 渡り鳥が鳥インフルエンザウイルスを持ってくるということもあるのです。

続きを読む