白崖5月おたっしゃクラブ

5月12日白崖おたっしゃクラブにレク指導で行ってきた。 参加者の話題はワクチンの接種であった。なかなか予約が進まないようである。 2枚目の画像は交流館の冬季ヒーターのスイッチに注意書きをつけたところである。冬の間はスイッチを入れずに水道が凍結しても困る。一方夏の間はスイッチを入れっ放しだど電気代がかかってしまう。両面テープで留めた。もっと目立つ方が良かったかな? 3枚目の画像は地伏亭金目さんの講談会のチラシである。6月20日に千厩で開催予定だが、この後「花と泉の公園」でも開催予定なので、白崖の人は「花と泉の公園」に行くだろう。

続きを読む

カーブモジュールに線路を敷く

プラッツのカーブモジュールに線路を敷いてみる。今回は釘で留めず、両面テープ で留めた。今後の工作のことを考えてのことである。 画像の2枚目は永井市民センターのツツジ、3枚目は花泉支所のツツジである。

続きを読む

線路を敷いてみる

 今日は危ないところだった。    午前中は白崖自治会の打ち合わせがあったのだが、グラウンドゴルフ大会の日程を決めるのに、危なく6月13日になってしまうところだった。 6月13日は「奥州ビッグバンフェスタ」の2日目である。13日は私はいないということを言ったら、グラウンドゴルフ大会は6月20日にになった。6月20日も午後千厩に行く予定があるのだが、昼食はコロナの関係で無しということになったので、たぶん午前中にはグラウンドゴルフ大会は終るだろう。 その奥州ビッグバンフェスタで使用するユニトラックレールを、レイアウトボードに敷いてみた。(画像1枚目)残念なことに留置線に入るのは20m級では3両編成が限界である。本来路面モジュール規格というものは、長編成の列車を走らせるものではないのだが、計算が狂ってしまった・・・って、そんなことは図面を引いてみればわかることなのだが。 釘で何か所か仮止めした。釘で留めておけば立てかけておける。次は猫屋線のヤードを作ろう。こちらのほうは、実は今後の展開も企んでいる。 奥州ビッグバンフェスタは6月12日~13日の開催予定だが、新型コロナウイルスの感染者が増えている。変異株の増加も気になるところである。イベントは感染対策を徹底したうえで開催すべきだとは思っているものの、コロナウイルスがビッグバンしてはシャレにならない。今月末には感染が抑えられるといいのだが・・・?  画僧2~3枚目はBS日テレの、日曜ロードショーで出てき…

続きを読む

交流館倉庫のブルーシート

白崖交流館倉庫の上にかけておいたブルーシートがだいぶ劣化したので、役員で撤去作業を行った。そもそも屋根をかける予定の場所だが、冬の間は工事が出来ないのでブルーシートをかけておいたものである。今後は時期を見て屋根をかける工事を行う。 そのほか、廃品回収の資源類を置く場所についても検討を行った。 嘉永の松を利用したテーブルでお茶を飲んで休憩したあと、農協永井出張所に行って除草剤(カソロン)を購入し、交流館の敷地に散布した。 次回役員打ち合わせは9日午前9時の予定である。

続きを読む

ラジカセあげます

このラジカセは、リサイクルショップで買ったものであるが、CD再生の時に針が飛ぶ(?)ような現象が起きて気になっていた。リサイクルショップで買ったので、保証書はなかった。  今回宮下公民館でレク指導お行うにあたり、思い切って新品を購入した。  よって、画像のCDラジカセが不要になった。ラジオ受信やカセットテープの再生は問題がない。  ほしい方には差し上げるのでコメント欄で連絡を。

続きを読む

通販生活

 宮城県に「マンボウ」が発令されている。効果があるかどうか疑問のあるところだが、とりあえず宮城県側に行くのは自粛している。コンビニも、ガソリンスタンドも、飲食店も宮城県側に行ったほうが近いところなのだが、とりあえず自粛してみる。 仙台に買い物に行けないので、通販で購入したものが昨日、今日と配達された。 「時刻表完全復刻版1964年9月号」 昔、私の父親と登米市の親類が乗った夜行列車が、何であったのかを調べようと思って購入した。 瀬峰で朝別れたという親類の話をもとに、瀬峰に朝到着する列車を探してみる。「急行おいらせ」というのが瀬峰7時22分なので、これが可能性が高そうだ。上野を23時25分に出て、青森着は14時15分という、気の遠くなるような列車である。 しかし、食堂車がついているのは、私の父親が乗るにしては立派すぎる。 そう思ってさらに時刻表を見ると、青森行き普通列車113列車が目に留まった。上野発20時50分、瀬峰着が朝6時45分。ちなみに青森到着が16時33分である。まる一日近くかけて上野から青森まで走りとおす列車である。 証拠はどこにもないのだが、この列車であると言うことにする。「ユニトラック線路各種」 泉のTamTamまで行って買ってもよかったと思う。模型店でクラスターが発生したという話は聞いたことが無い。でも、行っても在庫があるとは限らないので、これも通販で購入した。 KATOのオンラインショップは、うまくログインできなかったので、楽天市場の上新電機でリレーラー線路とフィーダ―線路を購入…

続きを読む

白崖自治会運営委員会議

 令和3年度の第1回白崖白崖自治会運営委員会は、4月4日午前9時から白崖交流館で開催された。 この日の協議事項は、行政機関活動の確認や、役員の確認、それに自治会費の納入であった。なお、春の一斉清掃は白崖では行わないことになった。 その後、執行部を中心に「山ノ神」に向かい、2月の地震で転倒したままになっていた石を、ロープを使って起こした。雨が降ってくる前に作業が終わって一安心。

続きを読む

旅行は必要だ

 自宅近くの桜がほぼ満開となった。 2枚目の画像は、永井市民センターの桜である。遠くから撮ったのであまり咲いているようには見えないが、ちゃんと咲いている。なお、フェンスの中に入るのは工事関係者に止められてしまったので近寄れなかった。 世の中は春になったが、目に見えない「コロナウイルス」の嵐が吹き荒れていて、収まる気配がない。 例えば、台風が来たときは、天気図をみて、「あさってには台風はとおりすぎる」などと未来がある程度予測できるので、外出を控えるというような対策をとることができる。(でも、台風のさなかに用水路を見に行って事故に遭う人が後を絶たないのはなんでだろう?) 干ばつや冷害の時は、秋になって雪が降れば、いったんその年の災害はリセットされる。2年連続の冷害なんてこともあるけど、とりあえず年が変われば、「今年の天気はどうだろう」と思うようになる。 地震は難しい。余震(こういう呼び方はやめるそうだが)がいつ起きるか、いつまで続くのかわからない。でも、たいていは余震の回数がだんだんに減っていって、日常を取り戻していく。 コロナウイルスという災害は、終わりが見えない。「マンボウ」が来週から始まる。これもどのくらい効き目があるのか疑わしい。ワクチンだって、いつ本当に注射できるのか。注射したところで、それはいつまで効き目があるのか(インフルエンザのように毎年流行しそうなウイルスの形に対応したワクチンを打つようになるかもしれない)、変異株には効き目があるのかなどなど、わからない点がいっぱいだ。 こうやって、…

続きを読む

国道342号バイパス暫定開通

国道342号線白崖バイパスが暫定開通した。 午前11時からは開通記念式典が開催された。一関市長や地元選出県議がテープカットを行なった。また、永井地区の行政区長がくす玉を割った。紅白のもちが配られた。 午後2時から供用開始となったので走ってみた。意外と高低差があった。 市道三本木高倉線をオーバークロスする部分。フェンスがある。 まだ舗道が未舗装だったり、石巻側には片側交互通行の個所が残るなど、とにかく年度内に開通させたという印象が残った。 なお、4月になると白崖橋が開通し、県道石越停車場~白崖線が3か月ほど工事のため通行止めになる。白崖橋を通るルートには野良猫が出没するので、通過する車両は注意したほうが良い。

続きを読む

白崖自治会の総会終わる

 白崖自治会の第2回通常総会は、3月7日(日)永井市民センターにおいて開催された。 開始前にお団子が誤って白崖交流館に配達されるというハプニングはあったものの、令和2年度の事業報告、決算報告、監査報告が承認された。また、令和3年度の事業計画及び収支予算案の承認された。 自治会長には佐藤仁悦氏を再任。 また、白崖交流館建設委員会の会計報告も併せて行われ、足掛け7年間の建設委員会の活動も終了した。 「山の神」の倒れた石は、もう少し暖かくなってから起こすことになった。

続きを読む

おたっしゃクラブ

 3月2日白崖交流館で、白崖集落のサロン活動「お達者クラブ」のお手伝いに行って来た。高橋忠史のライブを行ったときに購入したCDラジカセを使用して、座ってできるレクダンス「まつのき小唄」「瀬戸の花嫁」などを踊った。 また、ピンポン玉や紙風船などを使ってゲームを行った。 楽しいひと時を過ごせたと思う。なお、指導しながらの画像撮影はできなかった。  終了後記念撮影を行った。記念撮影なのでマスクは外している。残念ながら近所の火葬と重なったので、出席者がいつもよりは少なかった。 お団子をいただいた。 コロナ過で様々な活動に制約が生じているが、感染対策に気をつけて、やれることはやっていきたいものだ。

続きを読む

山の神の石が倒れた

 土曜日の朝、近所の方から「誰に話したらいいかわからないのだが」と電話があった。用向きは「山の神の石が倒れている」という事であった。 そういうのは見つけた人が直してくれればいいのにと思いながら手をかけてみた。 びくともしない。 見つけた人も手はかけてみたんだろうと思ったが、動かなかったのだろう。とりあえず自治会長に電話した。何人かで動かしてみようという事になった。 石が倒れたのは、先日の地震の影響だろうと思う。自分の家のお墓も確認しなくてはならない。  山の神は自治会でしめ縄づくりをやってはいるが、自治会の所有物ではない。自分は瑞昌寺の檀家であるという自覚はあるが、山の神の氏子であるという自覚はない。 自治会の役員をやっているから足を運ぶこともあるが、そうでなければあんな高い場所には行かない。 山の神に関していえば、近所の人が大事にしているから大事にはしているのだが、昔から「あんなところに神様がいるのだろうか」とずっと疑問に思ってきた。社殿もない、神主もいない・・・。 昔は「いまの農協出張所のところにあった」「市民センター体育館のところにあった」などという話もあるが、あんな高いところにどうやって石を持ち上げたのか不思議である。 おそらく、墓石業者などに頼めば動かせると思うのだが、それを自治会の会計から出していいのかという疑問もある。何とか、人の力で復旧できることを願っている。 せっかく高いところまで上がったので、国道342号のバイパス工事現場を見てみた。こちらのほうは地震の影響はなさそうだ。…

続きを読む

もうすぐ開通

 今日はとてもいい天気だ。 国道342号線白崖バイパスの、市道三本木高倉線をオーバークロスする部分にフェンスができていた。開通準備が着々と進んでいるという印象である。 正式開通の日はまだ発表されていないが、新しいバイパスが走りやすいあまり事故が起きないか心配ではある。

続きを読む

自治会長サミットvol.11

 2月23日、一関市川崎町の川崎市民センターで自治会長サミットvol.11(主催:一関市民活動センター)が開催さた。私は地元では会計担当なので、自治会長サミットに参加するのはいかがなものかと思ったのだが参加してきた。 この催しも、新型コロナウイルス対策で、人数制限を行い時間も短縮して行った。 事例発表では「継続の秘訣はつながりと主体性~連携することで安心して暮らせる地域に~」と題して、藤沢町の第27区自治会長の星義弘さんからお話をいただいた。 「コロナ禍の自治会活動」と題して意見交換会が行われたのですが、私の参加した1班は、コロナ禍でも総会は書面議決にしたくらいで、逆に今までやっていなかった屋外での行事をやってみたとか、活動は一時休止を余儀なくされたがその分今までの行事を見直す機会になったなど、困難な状況にもかかわらず前向きな意見が出された。 次回の自治会長サミットは6月7月の開催予定。夜は、白崖交流館の白崖自治会運営委員会に出席した。

続きを読む

地震があった

  昨夜はテレビを見ていたら、テレビの画面に緊急地震速報のテロップが入り、スマホが鳴り、揺れで神棚のご幣束が倒れたと思ったら、電気が切れた。 暖房が使えないので布団に入った。しかし眠れない。その間にも余震が来た。 1時間ほどして電気が点いたので、テレビを見る。NHKが地震関連の放送を行うのは当然として、民放は局で対応が分かれた。自宅からみている中で、頑張っているなと思ったのはTBC東北放送で、独自に地震の番組を流していた。同じJNN系列のIBC岩手放送は、東京からのネット番組だがこれも臨時の地震のニュース。夕方の「Nスタ」の井上キャスターが、女性アナウンサーと解説の人といっしょに地震の情報を伝えていた。 日テレ系、フジ系は普通の番組をやったのちに、おっとり刀で特別番組に切り替えた。テレ朝は(私が見ていたのもテレ朝のドラマ)すぐに地震の番組を流したが途中「マスクをつけるつけない」といったうちわの話が流れてしまい、若干のグダグダ感があった。 やむを得ない。緊急事態だから。 結局3時ごろまでテレビを見てから布団に入り、7時ごろ起きた。 お悔やみを届けに家を出たついでに、ミニストップまで足を伸ばした。ここで青年団の大先輩ヨーカイ氏と遭遇。現場のパトロールに行くそうだ。地震の際は寝ていたとのこと。それにしても緊急時に現れる人だ。きっと何か持っている。 それから電柱が倒れている現場に行ってみる。倒れたというより折れたみたいだ。花泉の震度は「4」という事だが、自宅て感じたのは「5~6」という印象。 そのあとも従…

続きを読む

変な天気

 今日はおかしな天気だった。 朝は日がさしたので洗濯物を干した。交流館の清掃に顔を出したら、雨が降ってきて、慌てて自宅に帰り洗濯物を取り込んだ。 お昼は出かけようかとも思っていたが、ホタテ入りの自宅でチャーハンを作った。 午後からは再び日がさしてきた。暖かいと感じたが明日はまた、一関で雪が降るそうだ。

続きを読む

342白崖バイパス、3月中旬から通行開始

 一関土木センターが永井地区の行政区長を対象に説明を行ったところによると、国道342号線白崖バイパスは3月中旬より通行可能とのこと。白崖橋は4月から通行可能。 先に橋の下のバイパスを通行して大丈夫なのかな?と思うが、何とかするのだろう。 バイパス開通後は、まるけんストアの前の信号と、JA永井出張所前の信号は撤去。永井小学校前の信号は小学校の統合後に撤去する予定。

続きを読む

橋げた

  白崖バイパスの工事現場。バイパス工事によって通行止めとなっている部分に橋が架かるのだが、橋げたが見えてきた。開通まであと少し。 1枚目の画像を撮った後、雪が降ってきて午後2時は2枚目の画像の通り。寒くて外に出る気にならない。  さて、画像はないが、テレビではオリンピック員会の森会長の謝罪の会見を中継していた。3社での放映。事の重大さは理解できるが、NHKでは国会中継をやっている。こっちのほうが大事なのではないか。 でも、私も森さんの謝罪を聞いていた…。

続きを読む

弱ったなぁ

  今日は1日自治会の領収書を見ながら決算書を作っていたのですが、気が付くと夕方になっていて米を研ぐのを忘れていました。夕飯は花泉食堂の生姜焼き定食を食べに出かけました。 自治会の決算書作りも結構面倒ですし、今年度はコロナであまり事業をしていないにもかかわらず、支出回数は以前より多くなっています。 市役所への補助金請求の手続きもあります。補助金請求は、市役所で認める経費と認められない費用があり、事務方としては市役所に提出するための決算書をもう一つ別に作るようなものです。いっそ補助金なんかもらわないでできれば、会計担当としては楽なのです。でも自治会の総会では「補助金をもらった」ということに大きな関心があるようなので、そうもいきません。 あまり事務処理が煩雑になると、会計のなり手がいなくなってしまうと思ったりします。  一方、レクリエーション協会も役員会をやらねばならないのですが、私の主治医からは「延ばせるものは延ばしいたほうがいい」と助言をいただきました。一関市内では、昨年の「緊急事態宣言」の際はコロナに感染した人はいなかったのです。でも、現在は緊急事態宣言の対象区域にはなっていないけど患者が発生しているので、状況としては昨年より悪化しています。お医者様の言うことはもっともです。  このような状況で、「腎友会の班長を4月から頼む」という話をいただいたのですが、保留させていただきました。これ以上自分が役職を引き受けてどうなるんだろうと思ったのです。「保留させてもらう」という返事をしたときに声を荒げ…

続きを読む

感染が広がっていますが

 今日は朝から雪が降っていて、絶対に外出しないと決めていたのですが、回覧板がやってきました。仕方がないのでとなりの家まで回覧板を持っていったら、道路が凍っていて転んでしまいました。とくに怪我はありませんでした。  さて、今週末には県内某所で模型の運転会が予定されています。当該自治体の観光協会のホームページで告知されています。、ここで「いつ、どこで」を公開しても構わないと思いますが、主催者でない私が誘客してもいいのかとも思いますので、ここで記載することは控えたいと思います。 主催者に苦情が行っても本意ではないのです。 岩鉄会員にも1都3県在住者はいるのですが、今回は大事をとって参加を見合わせます。  新型コロナウイルスの感染者、東京都の感染者は970人。一日の感染者が1,000人を下回ったのは4日ぶりです。年末年始のステイホームの効果が出たのであればいいのですが。 重症者の数は過去最多だそうです。いま相撲を見ながら書いているのですが、相撲でも「コロナがはやっているのに土俵に上がるのは怖い」ということで引退してしまった力士がいました。ほかのスポーツ大会でも感染で参加辞退のやむなきに至ったとか、ラグビーの試合が中止になったとかそういうことがありますが、競技自体を止めてしまうというケースは初めてだと思います。 この力士を責めることはできません。むしろ、これからもこのような人が出るのではないかと思います。 オリンピックまでに感染が抑えられないと、「日本に行くのは危険だ」「オリンピックに出るのは不安だ」と…

続きを読む

お焚き上げ

              1月10日に白崖交流館前で「お焚き上げ「」を行いました。  例年、1月の第2日曜日には、白崖集落ではどんと祭と新年会を開催しているのですが、コロナウイルス対策で今回は例年の催しを取りやめ、自治会役員が各家庭のしめ縄などを集めてお焚き上げを行いました。 神事を行った後、各家庭のお札やしめ縄に火をつけました。

続きを読む

2020年の大晦日

たとえ野良猫でも、「おはよう」と声をかけて「ミャア」と返事が返ってくるとうれしいものです。心が通じたような気がします。 2020年はコロナウイルスのことがあり、思い通りにならない1年でした。退職して、さあ旅行にでも行こうと思ったときに緊急事態宣言となり、ステイホームの日日を余儀なくされました。図書館など公共施設も利用できなくなりました。 夏は暑く、エアコンを設置していない我が家で過ごすのは厳しかったです。図書館等に出かけても、新型コロナウイルスの影響であまり長い時間いことはできず、来年度以降の夏場の過ごし方を考えなければなりません。 夏の終わりに、「9月からGo To トラベルの対象にクーポン券が加えられる」あだしかったと思いますということになったので、私は旅行客が増える前に北陸方面に行って来ました。この判断は正しかったと思います。9月には青年団OB会や秋田内陸縦貫鉄道の旅などにも行って来ました。 10月に道南いさりび鉄道の旅をして来ればよかったのです。10月は「鉄道の日」の乗り放題乗車券もあったのだし。北海道&東日本パスの発売を待ったことが裏目に出ました。 11月の市民センターまつりには初めてのHOナロー(この表現で正しいかどうか異論もあるかとおもいます)を出品してみました。出来は良くなかったのですが、また来年も作ります。 12月31日現在、東京都での新型コロナウイルスへの感染者は1日あたり1,300人にも達しました。私は持病があるので、みんながり患して集団免疫の獲得、などという立場にも立てませ…

続きを読む

しめ飾り

  白崖交流館の勝手口に階段を設置しました。   それから、正面にしめ飾りを取り付けました。先日のしめ縄づくりの際には、新築した白崖交流館の分を計算に入れなかったので、今回は既成品で済ませました。 これで、今年の自治会の仕事は終わりです。

続きを読む

コロナが終わった後に

   画像は白崖交流館の冷蔵庫です。本日納品となりました。    今日は自治会でどんと祭の進め方について話をしたのですが、新型コロナウイルス対策で例年と違う形での実施となりそうです。  昨日、いつも行っている病院のスタッフから「今年の弟さんの帰省は遠慮してもらった方がいいですね」とやんわりと言われてしまいました。その旨をLINEで送ったところ、了解したという電話が弟からきました。 やはり病院が言うと、重みが違いますね。 さて「勝負の三週間」が過ぎましたが、だれか勝負しましたか? 総理が呼びかけるのであれば「国民が勝負の三週間」と主語を入れたほうが良かったと思います。 GO TOを止め、時短営業を行い、私も北海道旅行を取りやめ(それはいいから)、遅ればせながら国民が新型コロナウイルスの感染と闘う・・・体制を作らなければならないのですが、なんか繁華街の人出って減っていないですよね。大丈夫かな? この先コロナとの勝負に勝ったとして、コロナ後に旅行に行って、そこでのりたかった路線がなくなっていたり、乗りたい列車が無くなっていたらどうしよう。コトデンとかとさでんとかJRグループとか、来春のダイヤ改正では減便が予定されています。 でも、これは鉄道趣味だけに限った話ではなく、コロナがあけたらいつも行っていたゴルフコースが閉鎖されていた、お気に入りのイタリアンのお店が無くなっていた、といったことはほかにもあると思います。 とにかく、早くコロナ感染が終息してほしいものです。

続きを読む

白崖のしめ縄づくり

 白崖自治会では、12月20日、旧花泉南中学校玄関前において山ノ神に納めるしめ縄を作りました。 縄ないに関しては、私は戦力にならないのですが(笑) あわせて、白崖交流館の清掃活動を行いました。 清掃というより、雪かきがメインになったようです(笑) 作成後は、しめ縄を「山ノ神」に納めました。国道バイパス建設の関係で、いつもの登り口が使えず、降雪もあって山ノ神までたどり着けるか心配だったのですが、何とか山に登りました。 山ノ神の少し上、かつて忠魂碑があったあたりから、涌津方面を見てみました。 この日は、旧花泉南中学校の建物から、花泉町内の学校等に設置する門松の搬出作業が有志の方々の手によって行われました。 来年は、良い年にしたいものです。

続きを読む

今日の白崖

  きょうの我が家の入り口です。一関市では、積雪が32cm(11時現在)との発表なのですが、我が家はそれほどではありませんでした。雪かきではなく雪掃きぐらいはしました。 午後用足しに出かけたときには、自宅付近は、道路に雪が積もっていましたが、国道まで出たら道路の雪は溶けていました。 白崖は、一関市の中心部よりは暖かいのです。天気予報を見れば、宮城県のほうが当たるのです。でも、今日は宮城県には大雪警報が出ていました。実感としては、大雪警報というくらいでもなかったのですが。 天気が回復してきたので 遠出をしようかと思いましたが北の方で車の立ち往生があったので、自重しました。  新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。一関市でも年明けには成人式が予定されています。市長は実施するかどうかは18日に判断と言っています。 開催するにしても中止するにしても、新成人には気の毒な話です。

続きを読む

今日も交流館

外の物置には暫定的にブルーシートをかけました。いずれは屋根を掛けます。 旧交流館からあったパイプ椅子に、プラ製のカバーをつけました。 岩手日日新聞に、落成式の様子が紹介されました。

続きを読む

白崖交流館落成記念行事

 令和2年12月6日(日)午前10時より、白崖交流館新築落成記念行事が挙行されました。 開催予定時間の前には、地域住民が新しい交流館の前に集まってきました。 その後、、白崖の各世代の代表5名により「テープカット」が行われました。 その後会場を永井市民センター多目的ホールに移し、落成式・記念講演を行いました。 自治会長のあいさつに続き、建設委員会の代表から経過報告が行われました。そのあと、用地提供者・施工業者・歴代行政区長及び集落公民館長に感謝状が贈呈されました。 その後、FMあすもでラジオパーソナリティを務めている、皆川洋一さんから記念講演をいただきました。 皆川さんからは、藤沢町深萱の特色ある地域づくりについて、おもしろおかしくお話をしていただきました。 約50人の聴衆は、皆川さんのズーズー弁でのお話に、大声で笑ってはいけない社会情勢にもかかわらず、おもいきり笑ってしまいました。 政府から、洋一っあんの話に自粛勧告が出ないといいのですが・・・。 コロナ禍でもあり、残念ながら祝宴は開催しませんでした。

続きを読む

会場設営

12/6に開催する白崖交流館落成記念行事の会場設営を行いました。 永井市民センター大ホールに、ソーシャルディスタンスに考慮して椅子を並べました。

続きを読む