新駅開業?

気仙沼線のBRTによる運行が始まりましたが、志津川~清水浜間にベイサイドアリーナという停留所ができていました。 震災発生当初、ベイサイドアリーナは救援物資の集約地点や避難所として活用されたのですが、現在でも被災した公共施設が入居したりまた民間企業もベイサイドアリーナ周辺で操業を再開したケースもあることから、ベイサイドアリーナへの停留所設置は利用者の利便向上につながるものと思われます。  ただし、鉄道による復旧が実施されると、このようにベイサイドアリーナへの乗り入れは困難であり、被災後の街づくりの動向が気仙沼線復旧の方針に影響するものと思います。

続きを読む

気仙沼線BRTで仮復旧

 多くの報道機関で取り上げられているように、東日本大震災で不通になっているJR気仙沼線がBRTによって運行を再開しました。花泉からも直通乗車券が購入できます。  BRTの導入でなし崩しに鉄道の廃止が進んでしまわないか心配なところです。しかし、鉄道の復旧は被災地の街づくりと密接にかかわってきます。元あった場所に線路を引けばいいという単純なものではないのです。  沿線住民にとっては苦渋の選択かもしれませんが、動向をみまもっていきたいものです。

続きを読む

24年白崖夏祭り

平成24年の白崖夏祭りは、8月14日(火)夜白崖交流館で開催されました。 地元住民や帰省客など130人以上の参加者があり、花泉観光小唄や花いずみ音頭を踊りました。 また、東日本大震災での犠牲者の鎮魂を祈り、てづくりの灯籠を点灯しました。

続きを読む

南三陸さんさん商店街

7月28日、南三陸町のさんさん商店街に行って来ました。場内にはこのような寄せ書きも展示されていました。なお、このステージ上でビア・ガーデンを開催していました。 ビールの試飲もあったのですが、車なので我慢我慢。でも、少々のアルコールであればすぐに気化してしまうのではないかと思うくらい暑い日でした。 この日は志津川湾夏まつり復興市というイベントが開催されいて、帆立焼き、ぶりの串焼き、ホルモン、スイカ、ソフトクリームなどを販売していました。また、食堂では2,000円でうに丼を販売していましたが、私は昼食を食べていったのでうに丼はあきらめました。 他にもいろいろイベントがあったようですが少し早く行ってしまったようでイベントには遭遇しませんでした。>  志津川まで来たので、JRの志津川駅も見てみたのですが復活に向けての道のりの遠さを感じました。 【三陸産】 最高級 三陸わかめ 一等検 200g 入り有限会社山下鹿造商店ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 湯通し塩蔵ワカメ◆岩手県三陸産◆150g石井商店ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 三陸炊き込みご飯の素2種セットもっと通・いわて 楽天市場店商品詳細内容量帆立×1/具140g、だし400g鮭×1/具140g、だし400g賞味期限製造日より1楽天市場 by

続きを読む

オールスターゲーム

 金曜日は病院のベッドの上で、土曜日は自宅でオールスターゲームを観戦しました。若干緊迫感にかける部分はありましたが、久々に野球中継を堪能しました。  いろいろ見どころはあったのですが、1・2戦を通じて中村紀洋選手の健在ぶりは嬉しかったです。  楽天を自由契約になったときは、これで彼の選手生命も終わりかと思ったのですが、今年の横浜での活躍はたいしたものです。  オールスターゲームはもう一試合盛岡で、被災地の子どもたちを招待しての開催となるそうです。私はまたベッドの上ですが、県営球場に声援を送りたいと思います。  さて、テレビ中継ではあえて触れなかったようですが、プロ野球選手会がWBC不参加という結論を出したようです。残念ではありますが、報道されているような問題点が事実だとすれば不参加もやむをえないのではないかと思います。  さて、アメリカに対してものを言うプロ野球選手会に比べ、ヘリコプターの安全性すら確認をできないでいるどこかのえらい人、そんなことでいいのかなあ・・・? 週刊ベースボール増刊 2012プロ野球全選手カラー写真名鑑 2012年 2/24号 [雑誌]ベースボール・マガジン社ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by

続きを読む

金成温泉営業再開

昨年の東日本大震災で被災し、その後沿岸部被災者の避難所となっていた『金成温泉延年閣』が改装を終えて30日から営業を再開しました。 リニューアルで浴室が明るくなりましたが、浴室内部に時計がないので、2時間券で入浴したときいつあがっていいかわかりません。 リニューアル初日なのでタオルを頂きました。また、末野りんごのジュースをご馳走になりました。

続きを読む

岩腎会第34回定期総会

平成24年5月6日(日)午前10時より、奥州市文化会館(Zホール)中ホールにおいて、岩手県腎臓病の会第34回定期総会が開催されました。  はじめに、亡くなられた方への黙祷、透析(業務)従事者表彰、長期透析者表彰が行なわれました。  来賓の県議会議員からの祝辞や、メッセージ・祝電の披露がありました。  議事に入り、平成23年度の活動報告・決算報告・監査報告が承認されました。また、平成24年度の活動方針と予算も承認されました。  役員改選のあと   東北大震災で被災した会員を支え、安心して透析を受けられ、安心して暮らせる社会を創ろう!  をメインスローガンとする総会スローガンが採択されました。  また どのような厳しい状況にあっても、これまでの体験を生かし、、支えあい、すべての透析患者が明るい希望を持って生きられる社会保障の確立と更なる充実を目指し、力を合わせて目標達成のために新たな意識を持って活動していくことを宣言します。  という総会宣言を採択しました。(要約)  午後からはアトラクションとして、水沢農業高校による水沢伝統芸能 と、鶴羽衣鹿踊り保存会による鶴羽衣鹿踊り が上演されました。

続きを読む

24年一関レク協総会

4月14日、一関市山目公民館小会議室において、一関市レクリエーション協会の総会が開催されました。 会長からは、「無理をせずマイペースで活動をしたい」とあいさつがあり、その後23年度の活動報告がありました。 主な活動は「シニア生き活きサロン」でしたが、会場の山目公民館が東日本大震災の避難所となったこともあり、6月からしか開催できなかったとのことです。 決算報告、会計監査報告が承認され、その後24年度事業計画が審議されました・・・が。 私はもうひとつ会議があったため、ここで退席させていただきました。申し訳ありません。 奥州市前沢で見つけた梅の花。そろそろタイヤを交換してもいいかな?

続きを読む

雨と風の夜

ニュースでもやっていますが、今日は全国的にすごい風です。 今夜は、BS-TBSで、DeNA対中日の試合を見ることを楽しみにしていたのですが、この陽気では野球ができるはずもなく、広島対巨人を見ていました。 広島って、守備、うまいんだな。 なかなか、忙しく、4月1日の三陸鉄道田野畑再開もいけないでしまいました。でも、来月には足を運びたいと思います。 それにしても、度重なる余震で地盤が弱体化しているのに、この大雨。新たな災害にならなければいいのですが・・・。

続きを読む

防災ラジオの配布

 一関市では、来月の「コミュニティFM」の開局を前に、各世帯への防災ラジオの配布が始まりました。  普通の家には、宅配便で届くのですが、一人暮らしのお年寄りには、説明をかねてボランティアで職員が配布してはどうかということになり、私も2箇所ラジオを届けてきました。  2箇所のうちの1箇所は、私が東京で暮らしていたころ、田園都市線の沿線で土建屋の現場監督をしていた人で、私の父が身体を壊したときたいへんお世話になった人物です。  久々に会ったのですが、残念なことに話のつじつまが合わなくなってきているのではないかという印象を受けました。  同時に、一人暮らしをしている私にとっても、老いというものは他人事ではないと感じました。  ラジオ、私がいったときに、コンセントを挿してきたのですが、昨日行ったときはそのコンセントを抜いていました。  これでは防災の役に立ちません。(シクシク)

続きを読む

大震災から1年

昨日から、テレビも野球も大震災から1周年の話が続いております。 私も、大槌や陸前高田で被災した友人や、山をひとつ越えてある南三陸町の、最後まで避難放送を行なった職員のことなどを思うとき、本当に胸がつぶれる思いをするのですが、いざ自分が被災者のために何かできるかとなると、いまの私は、仕事をするのと病院に通うのでいっぱいいっぱいです。 せめて、地震の発生した時刻には、黙祷をしたいと思います。 待っている犬 東日本大震災で被災した犬猫たち角川書店(角川グループパブリッシング)ドックウッドユーザレビュー:Amazonアソシエイト by

続きを読む

壊れかけの生き方

元岩手県青年団体協議会監事の三嶋淳一さんは、44歳の若さで津波の犠牲になってしまいました。私の父親も、数えで44歳で亡くなっていますが、私はそのとき高校生だったのに対して、三嶋君のお子さんはまだ中学生や小学生です。どうか、頑張って生きてほしいと思うのです。 一方、私には嫁も子供もなく、さらに障害者になってしまってので、此の先生きていても何もいいことはないのではないかと思っていました。しかし、やはり生きている以上はまじめにやらないといけないのではないかと思うのです。生きたくても生きられなかった人は大勢いるのです。  障害年金ももらえることになりました。でも、遊んで暮らせるくらいの金額ではなさそうですし、また、この少子高齢化時代、働けるうちは働くのが国民の務め(?)ではないかと思うのです。  人工透析をうけているといっても、腎臓病患者の雑誌などには、人工透析をうけている人も適度な運動をしたほうが身体機能が維持できると書いてあります。そこで、私は今日はまず気功整体にいってマッサージを受けました。それから、平泉のラーメンショップで昼食。にんにくもたくさん入れました。そのあと、以前通っていたアスリートセンターで自転車をこいだりマシンでトレーニングをしたりしました。あまり急にやって体を痛めないように気を付けるつもりです。それから、厳美街道沿いの温泉施設「古戦場」で炭酸泉やサウナに入って汗を流しました。  日曜日は体をやすめることにしましょう。

続きを読む

三嶋くんのお葬式

2月11日、元岩手県青年団体協議会監事の三嶋淳一さんの葬儀が、陸前高田市の龍泉寺で営まれました。  淳一さんは、昨年の東日本大震災で被災し、今も遺体は見つかっていないのですが、区切りということで葬儀をすることになったそうです。  会場の龍泉寺も、津波で本堂が流されてしまったので、プレハブの建物の中に祭壇を作りました。私は早めに行ったので、プレハブの中に入って待っていましたが、葬儀が始まるころには、昔の青年団の仲間が続々と詰めかけ、会場に入りきらない人がプレハブの前に何人もたっていました。  淳一さんは、お父さんも被災したとのことで、2人分のお葬式でした。ご遺族の心情を思うと言葉が出てきません。  葬儀が終わると、元岩手県青年団体協議会会長の佐々木隆志さんから話を聞いたのですが、淳一さんは農業をするために一度北海道に移住したのですが、2~3年前に高田に帰ってきて、高田で農業を始めようとしていたそうです。  さて、震災以降、初めて私は陸前高田に来たのですが、正直「陸前高田が消えてしまった」という印象です。がれきの中を車で走ってみたのですが、正直どこをどう走っているのかわからなくなり、早々に引き揚げてくることにしました。この瓦礫の処理が進まないと、被災地域の再建も進まないのですが、他の自治体では住民の理解が得られずなかなか厳しい状況にあるようです。全国の皆さんの協力を切にお願いしたいです。  山田洋次監督の「黄色いハンカチ」を見てから、陸前高田を後にしました。  帰りは気仙沼の市内を通…

続きを読む

詩歌文学館で運転会

 1月29日【日】、北上市にある日本現代詩歌文学館1階喫茶コーナーにおいて、模型の運転会を行ないました。 岩手鉄道模型仲間の会のメンバー10人が「はやぶさ」「はやて」「カシオペア」といった人気列車のNゲージの模型を運転し、来場者の好評を博していました。  私もおっとり刀で現地へ行ったのですが、「E851貨物列車セット」「カナリア色の103系」といった、岩手の人にはなじみのない列車を持って行ってしまいました。それでも、「E851がカシオペアを牽いたらどうなるか」模型で再現してみたところ こんな感じになりました。  このほか会場内には東北のローカル鉄道のパンフレットが展示されたり、また、今回の大震災で大きな被害を受けた三陸鉄道のお菓子が販売されていました。少しでも復興支援につながればと思います。  日本現代詩歌文学館では、2月5日まで「がんばれ東北の鉄道!リレー写真展」も開催されています。2011年度の同館常設展「鉄道と詩歌」とあわせてごらんください。

続きを読む

震災から10か月

震災から10か月のニュースを病室のベッドの上で見ていました。 テレビを拝んでも何にもならないのですが、思わず手をあわせました。 私も半病人ですが、亡くなった人のことを思うと生きていかなくてはと思います。

続きを読む

おりざ

 一関市花泉町涌津にあります。  農業の6次産業の館を名乗っています。古代米や古代米の麺、大福などや、今の季節だと町内産のリンゴなどもおいしいです。  古代米を利用した弁当はヘルシーでおすすめです。閉店間際に行くと、まけてくれることもあります。  5箇所のスタンプを押したので、震災復興スタンプラリーの応募資格が発生しました。さっそく投函してきました。

続きを読む

前沢温泉舞鶴の湯

奥州市前沢区にある温泉です。障害者手帳を見せると入浴料が割引になります。 温泉のほかに大広間や食堂があります。食堂はメニューが豊富なので、一度昼間からゆっくりしたいのですが、なかなかそういう時間がありません。 【追記】この温泉も、東日本大震災の影響で休業を余儀なくされました。いまは、平常に営業しています。

続きを読む

道の駅厳美渓

スタンプラリーのためにヨーグルトを買ったら、新年のせいか南部せんべいや岩谷堂ようかんをおまけにいただきました。

続きを読む

かんぽの宿一関

1月2日に行って温泉に入りました、体重を少しでもおとしたいとおもい長風呂をやったら血圧があがってしまいました。

続きを読む

復興応援スタンプラリー

がんばろう岩手復興応援スタンプラリーが開催されています。 第2期の実施期間は1月15日までです。スタンプを集めると岩手県の宿泊利用券や特産品が当たります。

続きを読む

今年はたいへんな年でした。

1年間の疲れがどっと出たようで、しばらくブログもお休みしていました。 腰が痛くなるのは、少し良くなったような気もしますが、まだ仕事に支障のあるレベルですので、28日に病院で腹部のCTを撮ってもらいました。結果は年明けに教えてもらうことになっております。 今年は大震災もあり、多くの皆様からお見舞いのメール、メッセージ当いただきありがとうございました。 来年は、岩手県も、そして私の体調も復興の年にしたいと思います。 来年もよろしくお願いします。

続きを読む

譲渡車両

磐井・南光病院前バス停で、変わった塗装の岩手県交通バスを発見。 側面には「被災地支援のために無償譲渡された」との記載がありました。 このバスは東京都交通局からの譲渡車両で、塗装をかえずに使用しているのです。

続きを読む

SLがんばろう岩手

いささか古い話題になりますが、11月19~20日の2日間、東北本線一ノ関~北上間で「SLがんばろう岩手」が運転されました。  牽引したのはC61で、私も実物が動くのは始めてみたのですが、D51とはまた違う、華のある機関車のように思えました。  ところで、このSL運行のイベントは  岩手DCキャンペーンのプレイベントとしての実施でした。来年は岩手県に多くの方々が観光に足を運んで欲しいと思います。

続きを読む

ほんとうにほんとうにありがとう

鉄道フェスタの2日目。前日の2次会より合流した写真家の広田泉さんが、ロビーでサイン会を開いていました。 広田さんのこの日の写真集の売上は、三陸鉄道やひたちなか海浜鉄道の復旧費用の一部に充てられるそうです。 それから、JR貨物の貨物輸送に関する展示。 特に今年は、東日本大震災の際の石油輸送で貨物が注目を浴びた年でした。ノドもと過ぎればなんとやらではなく、私たちはこの地震を忘れることなく過ごしていきたいものです。磐越西線の貨物輸送も、有事の際のバックアップルートとして年に1度ぐらいはタンク車の訓練運転をすればいいのにと思います。 それから、JR貨物、三陸鉄道、NREの売店にも多くの人が訪れていました。NREでは各地の駅弁を販売していましたが、わたし自身はもっぱらZホールの喫茶コーナーを利用していました。だって、売店のオバチャンがかわいそうだったからです。 というわけで、長らくお届けしてきた「鉄道フェスタ2011」のレポートはこれで終わりです。関係者の方々、本当にありがとうございました。

続きを読む

復興の汽笛を高らかに

 話は少し戻るのですが。  私はこの「水沢サンパレスホテル」には、25年前に職場の同僚と訪れています。同期の職員と初めてワインいうものをのんだのですが「ワインというのはあまりおいしくないなあ」といったところ、一緒に行った女性職員に「このあじがわからないなんて不幸せなひと」と、やんわりといわれてしまいました。いまは、ワインの酸っぱさも、少しわかるようになりました。  さて、鉄道フェスタは、10時に開場。例年通り多くのお客様が行列を作って待っていてくれました。11時30分からは、模型の運転を一時中断して開会セレモニーを行いました。  水沢江刺駅長などが、地震の被害について話をしました、三陸鉄道の社長も滑り込みであいさつに間に合いました。  それから、岩鉄佐藤会長の音頭で、会場にいた来場者全員で「復興に向けて出発進行!」と唱和しました。あわせて、有壁のCさんの尽力で本物のSLの汽笛が会場内に響き渡りました。  今回は「東日本大震災からの復興」も狙いとしているので、沿岸部の物産販売のコーナーも設けられました。大船渡のおさかなセンターと 気仙沼のはまらん焼が出店していました。気仙沼のはまらん焼は、奥州市内にも常設店舗を開店するとのことです。

続きを読む

三鉄の復旧を願って(路モジ編)

 毎年鉄道フェスタでご好評を頂いている「路面モジュール」。鉄道フェスタに路面モジュールを持ち込んだ張本人とすれば、このような日が来るとは思っておりませんでした。  本来、路面モジュールは、路面電車や地方の私鉄の小型車を走らせるのに適した規格ですが、今回は東日本大震災を受けて、三陸鉄道を題材にしたモジュールが登場しました。    島越駅です。残念ながら実物は津波で流されてしまいました。本当に自然とは時に恐ろしいものです。    堀内です。  来年の春には、北リアス線も田野畑まで復旧し、久慈~田野畑間に直通列車が走るそうです。  さて、ここでスタンダードな路面モジュールの作品例です。  東京・浅草雷門の情景をモデルにした作品です。路面モジュールのサイズであれば持ち運びも容易で、他の人とモジュールをつなげて遊ぶことができます。みなさんもおひとついかがでしょうか。

続きを読む

つなげよう、希望のレール

 2011年の鉄道フェスタは、11月26・27日の2日間、奥州市文化会館Zホールで開催されました。2日間の入場者数は7000人近くに達しました。ご来場いただいた方々に改めて御礼申し上げます。  さて、例年ですとこのブログでも、「鉄道フェスタ開催のお知らせ」を掲載してきたところですが、今年はあえて載せませんでした。理由は、体調が思わしくなく職場に迷惑をけけているところだったので、プライベートなこととはいえ盛大に宣伝する気にはなれなかったのです。  ああ、でも来場者は史上最大を更新しました。もはや鉄道フェスタは、鉄道趣味人の道楽の域を超えてしまったのかもしれません。何回かに分けて、鉄道フェスタの様子を主観で書いてみます。  前日25日は職場で代休を頂きましたので、14時ごろ花泉を出発。途中コンビニに立ち寄りながら15時30分頃Zホールに到着。すでに会場準備が始まっていました。  今回私が持参したモジュールですが  こんなものです。新作を作る余裕がなかったので旧作でお茶を濁しております。でも、街路灯を入れて夜間運転に対応しています。  搬入もそこそこにZホールをでて病院へ向かいました。金曜日は人工透析の日なのです。会場準備を続ける他のメンバーには申し訳ないのですが、ここは(もはやなくなってしまった)後ろ髪を引かれる思いでアクセルを踏みました。  4時間にわたる透析終了後、他のメンバーに電話を入れると、「準備は終わってホテルについたところ」とのこと。 足りないのでは…

続きを読む

はまらん焼き

鉄道フェスタの開催中、奥州市文化会館の前ではまらん焼きを販売しています。1個300円です。卵とホタテが入っています。

続きを読む

岩手県青年団OB会の総会

10月29日盛岡市の岩手県青少年会館において、岩手県青年団OB会の総会が開催され、約30名の会員が出席しました。 総会ではまず東日本大震災で犠牲となった青年団関係者に対して黙祷を捧げました。 OB会下田会長の挨拶に続いて、会計報告と会務報告がありました。 岩手県青年団体協議会の泉田会長からは県青協の現況について報告がありました。 また、岩手県青少年会館の佐々木常務からは青少年会館の現況について報告がありました。 青年団OB会による現役支援対策(案)が、元日青協会長の松浦さんから提案され、満場一致で承認されました。 総会終了後は地元のワインを持参した懇親会で盛りあがりました。

続きを読む

選挙の秋

岩手では、既に告示になっている知事選に加え、明日から県議会議員の選挙が始まります。 この2つの選挙は、本来は4月に実施が予定されていたものですが、東日本大震災の影響で実施が延ばされていたものです。 台風の影響で明日は雨のようです。多くの候補者が、雨の中でマイクを握っての第一声となりそうです。 争点はいろいろあります。震災からの復興、原子力災害に対する対応。TPPへの参加も、農業県岩手としては大きな問題です。 どうか悔いのない選択をしたいものです。 それにしても、総理大臣を選ぶ選挙は本当に数合わせでしたね・・・。 菅内閣、不毛の時代—菅内閣:第22回参議院議員選挙~3・11大震災前日まで (早川忠孝「先読み」ライブラリー)PHPパブリッシング早川 忠孝ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by

続きを読む