一関レク研修会&理事会

   水曜日は、なのはなプラザ1階の「みっこうさぎ」でチキンカツカレーを食べました。水曜日はチキンカツカレーの日になっていて、他の曜日よりチキンカツカレーが安くなっています。カツが揚げたてならばもっといいのに。   なのはなプラザにはカツカレーをたべに行ったのではなく、3階の一関市民センターで一関市レクリエーション協会の研修会の参加してきました。 大会議室でDVDを見ながらレクリエーションダンスの実技を学びました。曲目は「まつのき小唄」「好きになった人」「瀬戸の花嫁」などです。  研修会終了後は、理事会を行いました。今年はコロナ禍でいろいろ事業が中止になっているのですが、理事会も今年度初めてということにちょっとびっくりしました。 新年度の市からの受託事業についての話し合いでした。

続きを読む

レクリエーション機材の購入

 レクリエーションに使う機材を購入しました。 またリサイクルショップで、東芝のCDラジカセを購入。5,900円でした。USBメモリが使えるものが良かったかな? レクダンスに使うCDは楽天市場で購入。これも、中古のものです。 CDを入れるケースは100均で購入。CDはこれからも購入していきます。「瀬戸の花嫁」とか「松の木小唄」とか・・・。  とりあえず、一関市レクリエーション協会では今週末に会計監査を行うことになりました。 いつまでもコロナに負けてはいられません。  そうは言っても、3密にならないレク活動、頭が痛いところです・・・。

続きを読む

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019いわて

 2019年8月31日(土)がん征圧・患者支援チャリティ活動「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019いわて」に参加してきました。 会場は一関遊水地記念緑地公園です。受付で500円を払い市役所チームに混ざって、周回コースを歩きました(3周だけですが)サンダル履きで行ったのが悔やまれるところです。ステージでは様々な団体の出し物がありました。On Sunday(S)とバルーンたかしくんがコラボしたステージでは子供たちが歓声を上げていました。出店もいろいろなものが出ていました。私は石川ミートのベーコンと骨寺村松園交流館「若神子亭」の黄金ばっとを食べました。リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019いわては、1日の正午まで開催されていますのでお近くの方は行ってみてください。

続きを読む

いちのせき市民フェスタ19

 今日は、全国地ビールフェステイバルinいわて一関に仕事で行ったのですが、その前にちょっとだけいちのせき市民フェスタの様子をみてきました。会場は花泉の「花と泉の公園」でした。  一関地球温暖化対策協議会の展示です。 実は、温暖化対策協議会ちかくの「弁当サミット」のブースにお弁当を買いに行ったのですが、こちらのほうは完売でした。                                   また、がんと闘う人を支援するイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパンinいわて」」のブースもありました。今年は8月31日~9月1日に開催です。   一関市長寿社会課では、各集落のふれあいサロンのようすを展示していました。  さて、花と泉の公園で「市民活動フェスタ」を開催するのは今回が初めて。来年もここで開催するのか、それとも各地域を回っていくのか、注目ですね。

続きを読む

またおかしな事件

またおかしな事件がおきてしまいました。京アニの放火事件、犠牲者は平成以後の放火事件で最悪だそうです。 相模原の障害者施設での事件、先日の川崎での事件に比べて京アニの事件は、その作品が世に多く出ていることもあってかその反響は大きいようです。  今回の事件の容疑者も、ひとり暮らしの人間のようですが人間はやっぱり家族を持たないと、社会性が身につかないのではないかと思います。子どもを持った人であれば、他の人間を傷つけようとは思わないでしょう。 まあ、私もその「ひとり暮らし」の人間なのですが。

続きを読む

レク・フェスin水沢武道館

 6月30日、奥州市レクリエーション協会主催の「レク・フェスin水沢武道館」が開催されました。  講師は釜石市レクリエーション協会会長の伊藤慶展先生でした。約2時間30分の間、「まつの木小唄」「瀬戸の花嫁」「365日の紙飛行機」などのレクレーションダンスをご指導いただきました。  会場には、水沢テレビの取材もありました。放送は7月2日だそうです。水沢の方々には、私が女性の手を取ってレクダンスをしている様子をみることができるかもしれません。  あと、県南を代表する某新聞も来ていました。講師の先生が「年を聞かれた」とぼやいていました(笑)   終了後は参加者に修了書が交付されました。  私個人としては、賞状もうれしかったけど、レクリエーションをやる楽しさを改めて実感することができました。講師の先生、主催者の皆さん、ありがとうございました。  会場には給水器も設置されていました。今日はあまり暑くなかったのですが、これからの時期は水分の携行は必須です。 実は一関市レク協でも8月にレクの研修会を予定しているのですが、終了証の発行など、いろいろ再検討しなくてはなりません。

続きを読む

研修医

画像は先日のグラウンドゴルフ大会のホールインワン賞です。でも、私がホールインワンを出したわけではありません。会計担当が余った賞品をいただきました。  さて、昨日は脳の検査に行きました。  女性の研修医が人差し指を立てて「この指に触れてください」というので、私も指を立てて触れました。  次に研修医が「次は鼻に触れてください」といいました。  主語がないぞ、主語が。  これでは先生の鼻を触るのか、自分の鼻を触ったらいいのかわからないではないですか。  ちょっと考えてから、私は自分の鼻を触りました。テストには合格したようです。認知症ではないぞ。 ・・・いやこれはそういうテストではないのです。  来月もう1回検査をすることになります。それまでの間「あまり無理をしないように」というのですが、「無理をしない」でという言葉の意味が漠然としてよくわかりません。  ミニ扇風機で頭を冷やして次の検査を待つことにしましょう。

続きを読む

止血バンド

 月・水・金と透析を受けているのですが、金曜日透析を受けた後に、透析の針をぬいていったんは血がとまりました。しかし、手提げをもったら、また血が出てきてしまいました。  病院のスタッフと相談したところ、バンドを買ったほうがいいよと助言をいただきました。で、その場でバンドを二本購入。支払いは事務が開いている時間にということだったので、月曜日の夕方に支払いました。1本約600円なので1,200円の支出です。  買ったときは、選択の余地がないと思ったのですが、落ち着いてよく見るとちょっとどぎつい色です。もっと肌色に近い色であれば、目立たないのではないかと思います。  aglisと入っています。医療関係のメーカーでしょうか。どうせならアシックスとかpumaにしてもらえばかっこいいのにね。

続きを読む

青い鳥はがき

 障害者手帳を持っている人に対して、郵便局で「青い鳥ハガキ」を交付するということなので中央町の郵便局まで行ってきました。  手帳を見せれば、窓口ですぐ渡してくれるのかと思っていたのですが、「後で郵送する。来月には届くと思う」ということでした。ハガキがもらえれば、レクリエーション協会の総会の案内に使えると思ったのですが、あてが外れました。  レクリエーション協会の総会の案内は、封書で出すことにしました。封筒に宛名を書いて、中に入れるものも準備しました。  ところが、昨日家に帰ると、一関郵便局から「青い鳥はがき」20枚が届いていました。郵便局の素早い対応には感謝しますが、正直「はやまったなあ」と思いました。まあ、いただいたものは無駄にせず、これから使えばいいのです。  しかし。  10月になって消費税率が上がると、62円の青い鳥はがきに2円の切手を貼らないと使えなくなってしまいます。🏣が悪いわけではないのですが、釈然としない気持ちです。  この上は、9月までに、せっせと懸賞にハガキを使いましょう。青い鳥はがきだけになにか、素敵なものが当たったりして。

続きを読む

障害者のETCカード

今日は、仕事の帰りにイオンスーパーセンター一関によって、パソコンの参考図書を購入しました。なお、編集長の交替が報じられたTMS誌はまだ入荷していませんでした。  そして、夕食をとろうとしたところ、イオンに入居していた半田屋は、中華料理店に代わっていました。食券を自販機で買って、出来上がると取りに行く。なんだか高速のPAみたいなお店です。  日替わり定食750円。味より気になったのは、メニューに描いてある所在地が違っているのではないか、ということです。どこが違っているかは、お近くの方確かめてみてください。 自宅に帰ると『有料道路障害者ETC利用のご登録が完了しました』という通知が来ていました。  これで、ETCレーンを通過して高速道路を通るときも、障害者の割引が受けられます。  ところで、クルマを購入する際に納めた自動車取得税が、減免にならないか聞いてみたのですが、「車検証の登録期日から15日を過ぎているので還付できない」と振興局で言われました。残念ですが、仕方ないです。

続きを読む

イーストピアみやこ

 宮古駅前からイーストピアみやこには跨線橋が通じています。この跨線橋は三鉄や山田線の列車を眺めるのには絶好のポイントです。  さらに、跨線橋を渡り切ったところに喫茶コーナーがあり  この日はコーヒーとケーキのセットが300円でした。ほかにもラーメンなどのメニューがありました。  列車を眺めるのには、やや列車の本数が少ないような気もします。  さて、「みやこ夢レールフェスタ」の際は駅前でフィッシュアンドチップスが販売されていました。本場のフィッシュ&チップスは食べたことはありませんが、宮古のフィッシュ&チップスはボリューミーでおいしかったです。ただ、ケーキを食べてから行ったのは失敗でした。  先週の宮古も風が強かったのですが、今日の岩手県は真冬に逆戻り。道路上の気温表示が2℃でした先週は雨・雪がなかっただけ(地域によってはあったようです)よかったとしなければなりませんね。

続きを読む

【県レク】加盟団体事務局長会議・研修会

 平成31年2月23日(土)、盛岡市の岩手県青少年会館を会場に岩手県レクリエーション協会加盟団体事務局長会議・研修会」が開催されました。 午前中は「加盟団体実技紹介及び講習」でした。初めに日本フォークダンス連盟岩手県支部の指導により、フォークダンスを2曲(青い山脈、バギー・ボーイ)踊りました。その後は岩手県スポーツ吹矢協会の指導によりスポ―ツ吹矢を体験してみました。  スポーツ吹矢というものは、私はあの的にライオンや金を借りて返さないやつの顔を貼り付けて突き刺してやれば気持ちがいいのではないかと思っていたのですが、そんなよこしまなものではないものでした。  スポーツ吹矢は、的に礼を行い、吹いた後は最後に的に礼をして終わります。何の漫画だったか、日本人が野球の練習後にグラウンドに礼をするのを見てびっくりするという話がありましたが、礼をしたところで的は痛いのではないかと思いました。でも、この礼に始まり礼に終わる一連の動作が、スポーツ吹矢式呼吸法として健康に大変良いのだそうです。  さて、私の成績は、5本中1本外してしまいました。ですが、指導の先生は「筋が良い。刺さった位置が左右にぶれていないので、吹き出しの角度に気をつければ上達するのでは」というお言葉をいただきました。  昼食は岩手県青少年会館特製のおべんとうでした。あわせて情報交換と、日本レクリエーション協会運営代表者会議の報告がありました。    午後は約20名の参加者を4つの班に分けグループワークを行いました。それぞれの団体が組織…

続きを読む

ハートフルルーム

 先日川崎市民ミュージアムに行った際は、上京した帰りは夜行バスで帰って来ようと思っていたのですが、けせんライナーや東京仙台間の高速バスなどすべて満席でした。  安く泊まれるホテルはないかと探してみたのですが、これも満室が目につきます。でも、某大手ビジネスホテルチェーンの「ハートフルルーム」というところに残があるのを発見。安くはありませんが、でもJR系列のホテルよりは安いので、ここを確保。  「お電話でお申し込みください」とHPにあったので早速電話。当方は障害者手帳ももっていることも伝えました。  ホテルでは「介助はできませんが・・・」と申し訳なさそうにいったので「それは大丈夫です」と伝え、「ハートフルルーム」を確保。  で、当日単なる酔っ払いと化した私は、ホテルにチェックイン。障害者手帳の提示は求められませんでした。  バスユニットが大っきくなっていて、障害者用の入浴椅子がありました。障害者用設備に関して詳しくはないのですが、ベッドも普通の部屋より大きいものがありました。  このホテルは、実は数年前に「障害者用の部屋」の問題で社長が辞任する騒ぎがあったのですが、きちんとした部屋ができていました。でも、介助なしでこの部屋を使う人がどれだけいるのか。私などは年老いた母親を娘さんがめんどうを見て歩くという使い方しか思い浮かばなかったのですが、でも、そういう人たちは、まちなかのビジネスホテルより、温泉地のリゾートに行くのではないかなあ。  せっかく作っても、利用率が上がらなければ「普通の客室…

続きを読む

読書の感想「ある日突然自治会長」

 仕事の書籍とRM MODELS以外は、半年ぶりに活字の本を読みました。この本の内容と私の経験を対比させながら、感想を書いてみたいと思います。  まず、この本の著者は「なり手がいないので120軒の会員でくじ引きをした結果自治会長になってしまった。ということですが本当にそんなことがあるのだろうか、と思いました。  役員を決める際は、選挙で決めるもので、立候補者がいなければ再告示、再々告示という流れになるものだと思うのです。この本には抵抗勢力?として歴代自治会長が出てきますが、くじ引きなんぞで決めたら「そんなやり方は私は認めん!!!」という人が出てきそうです。著者は「なり手がいないのでくじ引きであなたに決まった」と言われたそうですが、自分が参加しないくじ引きというのがあるのか、何か「くじ引き」という名目の謀略のにおいがします。(笑)  なお、私も白崖集落公民館の会計をやっていますが、最初は総会の席で事務局という話が出ました。私は週3回夜は透析を受けており、しかもその年は成人式の担当で毎週木曜日は成人式実行委員会に出なくてはならないことが確実だったため、事務局は断って、何もしないのは申しわけないと会計を引き受けた経過があります。  くじ引きで自治会長を決めるなんてことは「しんじられない」です。  次に、自治会の仕事として、広報の配布や回覧板といったことが出てきます。当方は広報の配布などは「行政区長」の仕事となっていますし、区長には行政から報酬も支給されます(でも、わずかばかりの報酬で、割に…

続きを読む

黄色い電車

 昨夜は樹木希林さん主演の映画「あん」を見ました。町のどら焼き屋さんが舞台でした。  樹木希林さんのお芝居も良かったし、ハンセン病患者への差別にも胸が痛みました。  でも、映画の所々で出てくる、西武線の黄色い電車を見るたびに、「この映画のロケ地はどこだろう?」とどうでもいいことが気になってしまいました。黄色い電車ですが、見たところ2000系のようです。2000系だけが出てくるのはどこだろう。踏切が出てくるから桜台~石神井公園ではなさそうです。単線区間もありました。わからないけど、コンビニでドラ焼きを買ってみました。  今日は、先週鉄摸連ショウで購入した「都電7000型」のキットを組み立てました。  取扱説明書に記載してあった「ハイグレード模型用セメダイン」を準備して作業にかかったのですが、うまく組み立てることができませんでした。とりあえず同社の7500型と並べてみたのですが、色調が違います。左側の7000型のほうが濃い黄色です。  さて「ハイグレード模型用セメダイン」だけでなく、Bトレ走行用の部品を買って来ました。市民センターまつりでは模型は走行しないのですが、せっかく組むのであれば、動力も入れてやらなくては、と思いました。

続きを読む

白崖「認知症サポーター養成講座」

 2018年10月14日(日)午前10時から、永井市民センターを会場に白崖集落公民館主催の「認知症サポーター養成講座」を開催しました。    講師は高齢者総合相談センターはないずみの看護師・介護相談専門員の佐々木紫さんと認知症キャラバンメイトの小野寺ヨシ子さんでした。寸劇を交えたお話はたいへん分かりやすかったです。認知症高齢者の出現率は60歳代では66人に一人に対し、65歳以上は約6人に一人という割合となり、急上昇します。認知症はだれがなってもおかしくないのです。認知症になると「理解・判断力の障害」「実行機能障害」「感情表現の変化」が現れてきます。  認知症になって一番苦しいのは本人です。認知症の患者に対して否定したり失礼な態度、子ども扱いは禁物です。  認知症の患者に対して正しい理解と優しい心で接していきたいものです。 参加者22名に対し認知症サポーターの証「オレンジリング」が渡されました。  このオレンジリングですが、腕につけるのにはちょっと小さいという声がありました。いいんですよね、身近なものにつけても。

続きを読む

花泉さくら会まつり

「花泉さくら会まつり」は、平成30年9月29日、さくら園前庭で開催されました。 パン売り場では、限定のフランスパンが売り出されました。残念ながら買いそびれてしまいました。 食堂では、特製のカレーライスやはっと、おにぎりが販売されていました。 花苗も販売していました。  ステージでは、さくら園利用者の方々による歌「愛は勝つ」ダンス「U.S.A」が披露されました。「U.S.A」は車いすに座っている人も立ち上がるほどの熱演で楽しかったです。 このほか、太鼓や神楽などの団体も出演していました。

続きを読む

最上級。

母親の介護保険証が届きました。 先日入院したせいで、とうとう要介護度が5になってしまいました。 明日は主治医のところへ 明後日は施設で「担当者会議」なるものに出席。 今日も日曜日も順調に出勤。 松屋のイベントに行きたいなあ iPhoneから送信

続きを読む

消えてしまったほうがいいのは

わたしはそろばんを5級で投げ出してしまった人間なのですが、障害者手帳に関しては1級をもらっています。 「障害者なんか消えてしまったほうがいい」といわれては、心穏やかではありません。 どんな人にも感情があります。生きていたいと願う気持ちがあります。 相模原の施設での事件の犯人はそのことには気が付かなかったのでしょうか。 この犯人をみて、多くの人たちがこう思っているはず。 「消えたほうがいいのは、お前のほうだ」 この犯人も、措置入院の経歴があり、病人なのかもしれません。 今後、この犯人に責任能力があったかどうか、捜査の中で見極められると思います。 責任能力があるとして、極刑になるのか、 それとも責任能力がないとなって、無罪になるのか どちらにしてもやり切れないことになると思います。 明日から仕事で山と下界を行ったり来たりします。 ブログも間隔が空くことになります。 iPhoneから送信

続きを読む

7月17日、小平へ

高橋忠史さん。 昨年の春に白崖でライブを行い「来年は市民センターでライブだ」などと話していたのですが、最近の彼のブログを見ていると、それは困難なことになってきました。  彼は小脳の病気で、運藤機能が衰えていくのですが、歩くのに歩行器が必要になってきました。彼が白崖に来るためには、東京から付き添いの人が必要です。白崖に来てくれとは言えない状況です。  彼が来れないのであれば、こちらから行きましょう。ギターは弾けなくなっても、アカペラでライブをおこなうそうです。 7月17日(日) 高橋忠史・魂のライヴ         64歳 青春真っ只中 小平市天神町2丁目都営アパート(秀峰会)集会所 西武新宿線 小平駅 自転車道を徒歩10分 緑萌える遊歩道をぜひ歩いて来て下さい。 じゃぶじゃぶ池公園裏(自転車遊歩道の脇にある小さな公園) 13時半 開場 14時開演  参加費 投げ銭 高橋忠史 自主ライヴ 命懸けです。

続きを読む

H28年度一関市レク協総会

 平成28年5月15日(日)午前10時より、一関市シニア活動プラザにおいて、平成28年度一関レクごリエーション協会の総会が開催されました。  高齢者いきいきセミナー、一関市からの委託事業である介護予防元気いきいき教室などの事業計画を決定しました。  役員改選では会長に寺崎敏子会長の再選などの人事を決定。私は会計を担当することになりました。  そのあと、昼食となりました。新鮮館おおまち「みっこうさぎ」の390円の弁当をたべたのですが、寺崎会長には タケノコの煮物を持ってきていただきました。立派なタケノコで、御馳走様でした。昼食後、なのはなプラザで開催されている希望郷いわて国体ののぼりの展示会を見ました。  総会終了後、本会の顧問を自宅まで送って行ってから、施設にいる母親を「花と泉の公園」に連れていきました。立てるようになったということなので、どんな具合か確認するためです。  歩行は無理ですが、自力で車いすから自家用車に乗り換えることができて一安心です。ぼたん園を見て満足していました。  帰路「靴を買ってほしい」というのですが、こちらから言わせてもらえればやっと立てるようになったばかりなのにという気持ちになりました。  まあ、でも、外出しようと気持ちが出てきたのは、いいことです。

続きを読む

飛行機のチケット

 飛行機のチケットを買いました。  往路はANA、帰路はJALです。  私は身障者割引でチケットを買うのですが、ANAのサイトでは身障者手帳の番号の入力が必須です。JALのサイトでは身障者手帳の番号の入力は必要ありません。ANAのサイトでは身障者手帳の番号を入力したところで、身障者手帳の携帯は必須です。なんで入れなくてはならないのかな?  早く購入すれば、身障者割引より安い航空券もあるのですが。  ところで、「福井に行く」というと「新幹線ですか}と聞かれます。福井ならば飛行機のほうが早いと思ったのですが、北陸新幹線を使うと12時過ぎに福井到着で、飛行機よりちょっと遅い程度です。  選択を誤ったかなと思いますが、まあ、新幹線は目的ではないので。  一か月の空白を経て、タイトル奪還の旅です。ふっふふ。

続きを読む

岩腎会だより231号

岩手県腎臓病の会の機関紙が届きました。 今年の総会は5月22日とのことですが、今年も行けそうにありません。 県の大会なので、盛岡でやるのはやむを得ないのですが、平日の行動も制約される身なので、日曜日は貴重です。いや、執行部はちゃんと参加するのですから、不平を言ってはいけないのですが。 「おいしい幕の内弁当を用意しています」という見出しもなんだかなあ、という感じです。腎臓病の患者に「おいしいお弁当」というキャッチフレーズが有効かどうか。余計なものをたべないようにと、これでも一応は努力しているのです。  飲み会も、原則断っていたのを、なるべく出るようにしています。それはいいのですが、集落公民館の書記の話が出たときは本当にびっくりしました。出れるときは顔を出すようにしているのですが、顔を出しているからと役員を頼まれるのでは、初めから全部でない方がいいのではないかと思ったりします。  すみません。ただ機嫌が悪いだけかもしれません。 iPhoneから送信

続きを読む

乙武さんのお誕生会

今日は乙武さんのお誕生会だそうです。 たいへんなときですが、今日のようなときに集まってくれる人こそ、本当の友人です。 乙武さんは、今日集まった人を大事にしなければいけないと思います。 乙武さんも、作家である前に、障害者である前に、一人の人間。 人間だから間違いもあるだろうというのが、私の感覚です。 そりゃ、不倫というのは褒められた話ではないですし 奥さんはものすごく気の毒です。 でも、配偶者でも家族でもない人たちが騒ぐのもどうかなあと感じるのです。 不倫とはいっても、男女の合意のもとでそうなったのだから、 人の色恋沙汰で騒ぐのはヘンです。 今回のことで、不幸中の幸いなのは、乙武さんが選挙に出る前に発覚したこと。 選挙出馬中に発覚したのでは、選挙の結果に大きな影響を及ぼしたと思いますし 上位当選のあとにこの問題が明るみに出たら、政治家のスキャンダルとしてやっぱり大きな影響が出たと思うのです。 政治家にはお金の話と下半身の話題より、もっと政策の話をしてほしいものです。 それにしても、政治家になりたがる人の気持ちがわかりません。沖縄の某グループのメンバーとか。 みんなそれぞれ仕事があるのに、何で政治家になりたがるかな? 昨年、JR出身の参議院議員の方にお会いする機会があったのですが 「もとは山手線の運転士だった」という話を聞いて 「どうして山手線の運転士を辞めてしまったのだろう。私はなりたくてもなれなかったのに」 と思いました。 「…

続きを読む

透析の日程の変更

 3月30日に、昨年までの職場の「退職者送別会」が開催されるという情報です。水曜日は夜透析を受ける予定なので、病院にその日だけ昼間の透析にしてほしいと依頼したところ「患者が増えてきたので昼間は無理」と言われてしまいました。木曜日の午後ということであれば変更可能だそうです。木曜日は31日、年度末なので休みをとって変更するのは厳しそうです。さらに、木曜日の次の透析を土曜日にすることになれば、土曜日だけど職場の模様替えがあるかもしれず、この日に透析を入れるのも難しそうです。  そういうわけで「退職者送別会」の出席は難しそうです。退色事例の交付式に参加して、退職される先輩に謝意を表したいと思います。  私などが言っても説得力はないのですが、やはり、社会全体で腎臓病患者を減らしていく努力をしていかないといけませんね。  今日の夕食はラーメンでした。これも褒められた食事ではないのですが、でも時々食べたくなります。  明日の夕食は病院のお弁当になります。  なでしこジャパンはどうなるでしょうか・・・。

続きを読む

永井市民センター1周年記念「をどり初め」

永井公民館が市民センターと名前を変えて1周年です。これを記念して、水木流鶴升会の皆さんによる「をどり初め」が永井市民センターで行われました。初めに、永井市民センターに対し、水木流鶴升会から記念品が贈呈されました。 本来2人で踊る「北上夜曲」ですが、先生の指導で今回は4人で踊る振り付けとなりました。  約50名の観客は、音楽に合わせて歌を口ずさむなど、楽しいひと時を過ごしました。  会議室でもバザーが開催されていました。このバザーの収益金は、一関市社会福祉協議会花泉支部に寄付される予定です。

続きを読む

摺沢で介護予防教室

 今日は一関市大東町摺沢の大東町コミュニティセンターに行って介護予防教室「レクで介護予防」にお邪魔してきました。  ほんとうは、地域的には明らかに対象外なのですが、大東町レクリエーション協会の活動の様子を見たくて、無理に混ぜてもらいました。  約30名の参加者は、大東町レクリエーション協会の皆さんの指導により、楽しく体を動かしていました。また、市役所大東支所職員の指導により「だいとう音頭オリジナル体操」を踊りました。  大東町レクリエーション協会の皆さんは6名で指導していましたが、皆さんの素晴らしいチームワークを見せていただきました。  体を動かすことは、時に苦痛でもあるのですが、このように楽しく体を動かすことはとてもいいことです。  地方の高齢化は切実な問題なのですが、身体を健康に保つことで、みんなが笑って年を取っていければいいなあと思います。  一つ残念だったのは、握力測定があったのですが、残念なことに28kgしかありませんでした。体がなまっていますね・・・。 iPhoneから送信

続きを読む

ご当地ナンバーにすると

先月、車のナンバーをご当地ナンバーにしましたが、その関係でいろいろ変更手続きがありました。  まず、職場の駐車場の利用申し込みの変更をしました。それから、任意保険(これも職場で入っているやつ) も変更の手続きをしました。  県税の窓口に行って、変更の手続きをしようとおもったのですが、こちらは4月になってから通知を出した時に手続きをしてくださいとのことでした。  それから、障害者手帳の記載事項を変更してもらいました。  あと、車の12か月点検の際、ETC車載機の再セットアップをしてもらい、郵送でETC変更の申請書を送付して一通りの手続きが終了しました。 今回のナンバープレートは、熊本でも東急でも、また営団でも都営でも、そして西武の特急列車としても名車の誉れ高い番号からいただきました。 ところで、ナンバーを変えたのはいいのですが、母親が車いすに乗るようになってしまいました。回復すればいいのですが、回復しない場合、車いすのまま乗れるクルマを考えなくてはなりません。  特殊仕様なので、結構高そうです。

続きを読む

走るという行為

 糖尿病で通院していたころ、足の検査をすることになりました。  検査といっても、足を叩いて跳ね上がるか、といった簡単なものでした。それで、その検査の最後に看護婦さんが「何か足で困っていることはありませんか」と質問してきたので、私は 「走るのが遅い」 と答えたら 「それはダメですよ」と大笑いされてしまいました。  何がダメなものか。走るのが遅いことが、運動全般が苦手になってしまった原因なのに。    例えば、野球をやってサードゴロを打つ。私がベースに到達するまえに、ファーストミットにボールが吸い込まれていく。  サッカーはもっと悲惨で、みんながボールの周りにいるのに、私は追いつけなくて遠くから戦況を見ているといったあんばい。1,500m走に至っては、スタート直後に周回遅れが確定していました。  運動会では、1年生から5年生まで徒競走は最下位。6年生の時にやっと最下位を脱出して5位になったのですが、その時の最下位はすごく仲のいい友達で、なんだか申し訳ないような気持ちになりました。  そういう私のような人間が大人になると、たとえばオリンピックなど見ていても「いくら体を鍛えても、毒ガスでも撒かれればみんな死んじまうんだ」ということを心のどこかで思っているわけでして。  そういえば、昔、全国青年大会の岩手県選手団の事務局をやっていたとき、陸上の選手と話をしていて「なんだか話がかみ合わないなあ」と感じたことを憶えています。  このように、走るという行動に対してロクな…

続きを読む

介護用品の購入

母親がいる施設から言われるままにバスタオルを3枚購入。約3000円。 医療費控除の対象にはならないと思ったので領収書はもらいませんでした。 そのあと薬王堂に行って防水シート、じゃない防水シーツ なるものを初めて購入しました。これが2枚で7,000円ぐらい。 これは領収書をもらっておけばよかっただろうかと思いました。 80歳を超えているので、老化しているのは当たり前なのですが、これからはいろいろ介護用品の購入金額が増えそうです。 こういう状況なのですが、やはり福井への思いは捨てがたく(苦笑) iPhoneから送信

続きを読む