終戦の日に

永井にも忠魂碑があります。 この忠魂碑も、永井保育園の裏の山の上にあったのですが、白崖バイパスの建設に伴い永井市民センターの敷地内に移設されました。 改めてどんな文言が書いてあるか見てみようと思ったのですが、工事用のフェンスに遮られて、近づくことはできませんでした。 午後からは一関市山目の4号線沿いの交差点で行われた「終戦75周年スタンディング」に行って来ました。 多くの方々が「憲法9条を変えるな、平和をまもれ」「国会を開いて、暮らしをまもれ」などと訴えていました。 暑さががつ厳しく、参加者が倒れないか心配になりましたが、私は現場にいる体力がなく、お先に失礼させていただきました・・・。 なお、8月19日には千厩町でピースパレードが開催されます。

続きを読む

本宮のホーマック

 くりでんレールバイク乗車会(とKD95のデモ運転)が雨のため中止になったので、盛岡の本宮のホーマックまで行って来ました。本宮のホーマックにはファーラーのキットがあるという話で、ならば行ってみようと思ったのです。本宮のホーマックは昔、TSUTAYAのレイアウト修繕をやったときに買出しに来たのですが、そのころは鉄道模型を売っているという話は聞いたことがありませんでした。 盛岡南ICを下りて、道路を左に行きました。カーナビは持っていないので、適当に車で移動したら、TSUTAYAが見えたのでいったん車を停めてホーマックへ電話をいれて場所を確認しました。昔手掛けたレイアウトが気になったのですが、何年も前のことですし、その後連絡もないのでどうせもう残ってないだろうと思い、TSUTAYAには寄りませんでした。 数年ぶりに、見覚えがある店に来ました。あの時は店舗左側にクルマを乗り入れたのですが、今日は2階に上がりました。鉄道模型のほかにもホビー系の品ぞろえが豊富でした。 ファーラーのキットは、Nのほうが多く、HOはあまりなかったのですが、欲しかったベンチがあったので良しとしましょう。 今日買ったのはこういったものです。ホビーグラスというのは、ハズキルーペよりは安いので買ってしまいました。 自宅に帰ってから「この世界の片隅で」をみました。きちんと見たのは初めてです。

続きを読む

一関市民センターで原爆展

 一関市民センターを会場に、原爆展とジョー・オダネル展が併設で開催されています。 コロナでいろいろな催しが中止に追い込まれていますが、戦争の記憶を風化させない取り組みは大事だと思います。 原爆展は9日午後4時までの開催です。

続きを読む

2019国民平和大行進

2019年6月16日、核兵器のない世界に向けての一歩となる「2019国民平和大行進」が花泉町を行進しました。  この日朝一関文化センターを出発した平和行進は、午前11時30分ごろ天神橋に到着。雨の中核兵器の廃絶を訴えながら花泉町内を行進しました。  花泉駅前コミュニティセンターで昼食休憩を取りました。一関市職労花泉支部長が「草の根の運動が大事」と歓迎の言葉を述べました。   その後、宮城県境まで移動したのですが、雨がますます強くなり、県境を流れる夏川もこのように増水していました。  激しい雨の中、県境のかりや橋に到着。ここから宮城県側のメンバーと一緒に若柳公民館まで行進しました。このころが一番雨の強い時間帯でした。 若柳公民館では岩手・宮城の引き継ぎ集会が開催されました。宮城県の実行委員会を代表して菅原ゆうきさんが歓迎のあいさつを述べました。  岩手県の代表あいさつの後、岩手県から宮城県へ大会旗や各団体のリレー旗が引き継がれました。  宮城県内の行進は6/23まで、その後は福島県を6/27まで歩く(山形から福島に入るコースは別日程)予定です。  

続きを読む

2018年原水爆禁止国民平和大行進

 5月6日に北海道礼文島を出発した「2018年国民平和大行進」は、6月9日に岩手県二戸市に入りましたが、県内を縦断し6月17日に一関市花泉町に入りました。天神橋を渡り、花泉駅前まで行進しました。    花泉駅前コミュニティーセンターで、通し行進の方を囲み、昼食を食べました。  休憩の後、午後1時から行進を再開しました。花泉町内を行進のあと、宮城県との県境に到達しました。  栗原市内を、岩手宮城両県の参加者が一緒になって行進しました。  栗原市若柳公民館において、岩手・宮城の引き継ぎ集会を行いました。  宮城県の平和行進代表者のあいさつでは「昨年の7月7日に国連において『核兵器禁止条約』が採択されてから最初の平和行進であり意義深い」という言葉がありました。  米朝の首脳会談の話もありました。この点については、首脳会談なんてものは第一歩にすぎず、草の根の運動は引き続き進めていかなければならないと思いました。  毎年、栗原市の方々には、丁重な引き継ぎ集会を設定していただき厚く御礼申し上げます。   最後に、平和行進の旗を岩手から宮城に引き継ぎ、各団体の旗も引き継いで、今年の平和行進も終了することができました。  この後平和行進は6/24までの予定で宮城県を行進、その後福島県浜通りに進む予定です。  

続きを読む

2017国民平和大行進

原水爆禁止国民平和大行進が、今年も花泉にやってきました。 一関文化センターを出発した行進は、午前11時30分に天神橋に到着。花泉の参加者と一緒に行進し、花泉駅前に到着しました。 通し更新者の佐々木勝正さん(大船渡市)は、行進にかける意気込みや、大船渡での災害復旧の話をしていただきました。「大船渡ではインフラの復旧は進んでいるが、人の心の復旧はまだまだこれからである」。とのことです。 昼食を食べて、花泉町内を行進しました。県境の仮屋橋で宮城県の行進団と合流。 若柳町内を行進し、栗原市若柳公民館に到着しました。 若柳公民館で開催された、岩手・宮城の引き継ぎ回にて、宮城県の代表に行進旗が引き継がれました。 宮城県では、19日から8日間にわたって県内の行進が行われます。 今年も無事、宮城県への行進の引き継ぎができてほっとしました。

続きを読む

金にならない公共の奉仕者

今日は第2日曜日なので、くりでん乗車会の日でした。 ミュージアムの会館によって、2両編成での運行になり、乗車料金が300円になりました。 朝一番のミーティングから参加させていただいたのですが、ミーティングのあとケータイに着信があることに気づき、留守電をチエックすると、一関市レクリエーション協会の会員の方からの伝言でした。  要件は次回の研修会に参加できないということでした。たかだか10数名の一関市レク協ですが、お年寄りの生きがいづくりと健康づくりには役立っていると思うので、これも公共への奉仕の一つです。  くりでん運転会のほうは、午前4便午後6便の運行で、約300名の方が乗車しました。私は、石越側の構内踏切で警備のボランティアを行いました、とちゅう、お腹が痛くなってトイレに駆け込んだこともありましたが、最後まで事故なく務めることができました。  終わりのミーティングに参加し、JNMAで配る「くりでんミュージアム」のパンフレットをいただいて帰宅しました。  鉄道は「金を失う道」と書きます。もとより鉄道趣味は道楽なのですが、栗原市の産業遺産を後世に伝える面もあります。そのような視点に立てば、これも公共への奉仕と言えなくもないと思います。  自宅に帰ってから一息ついた後、Aコープ花泉店へ行きました。  来週の国民平和大行進の参加者の昼食(お弁当)を発注してきました。政治的に立場が違う人もいると思いますが、「核兵器のない平和な社会を実現したい」という目標にみなさん異論はないと思…

続きを読む

2016国民平和大行進

2016年原水爆禁止国民平和大行進が、6月19日に花泉町を通過しました。 花泉町が一関市と合併するころ、私は「合併したら平和大行進は4号線を真柴から金成に進むことになり、花泉には寄らなくなるのだろう」と思っていました。しかし、合併から10年、相変わらず平和大行進は花泉から若柳に抜けて、金成は通過しません。 花泉を、国民平和大行進が通過することは、やっぱりいいことなのだと思います。 今年も、11時45分に天神橋で一関からの行進団を出迎え、花泉駅前コミュニティセンターで昼食休憩。ささやかに歓迎セレモニーを行い、午後1時に栗原市若柳に向けて出発。県境からは宮城県の参加者も加わり、若柳町内を行進しました。 若柳公民館では、岩手・宮城の引き継ぎ集会が行われました。 宮城の代表の方の話では、太平洋戦争につながる戦争のはじめ、仙台の師団からも出陣。その中には登米・栗原の人たちもいたそうです。 岩手の代表も挨拶し、行進旗の引き継ぎを行って集会は終了しました。

続きを読む

オリンピックのサッカーの予選

昨夜のオリンピックのサッカー予選。 やっぱり違和感があります。 日本と北朝鮮の試合でした。 北朝鮮は先日核実験を行ったばかりです。 そんな国とサッカーの試合を行うということに違和感を感じるわけでして。 政治とサッカーは別というのは、理屈としてはわかります。 北朝鮮の選手にも罪はないと思います。 ですが、この国と、のんきにサッカーをしていていいのかなあと思うのです。 拉致の問題も未解決のままです。 勝っても喜べない試合です。

続きを読む

全国青年団OB会岩手大会(その2)

全国青年団OB会岩手大会の2日目は午前8時30分にバス3台でホテルを出発しました。  最初に盛岡市先人記念館を見学しました。ここは、新渡戸稲造、金田一春彦など、盛岡にゆかりのある人についての展示をしているのですが、私は米内光政についての展示を興味深く見ました。海軍の人ですが戦争には反対の立場だったということです。先人記念館には初めて行ったのですが、地元の偉人についても関心を持たなければいけないなあと思いました。  次にもりおか歴史文化館に行きました。畑中館長さんが、盛岡弁を交えてあいさつをしました。  お別れ昼食会はホテル東日本での開催となりました。来年の大会は、北海道の定山渓で開催とのことです。  昼食後解散となりましたが、一部の参加者はオプショナルツアーへと出発しました。  オプショナルツアーAコースは「世界遺産をめぐる」と題して中尊寺を訪問しました。  金色堂や宝物館を見学し、前沢牛コロッケを食べると、一ノ関駅東口に到着。参加者は新幹線で帰路につきました。  受け入れにあたった岩手県のみなさん、お疲れさまでした。

続きを読む

横浜は地方ですか

安保法案の地方公聴会が横浜で開催されましたが違和感を感じます。地方の声を聴くということであれば、もっと東京から遠いところで開催するべきでしょう。 一カ所であれば、大阪や京都あたりが妥当と思います。 きっと本当は地方公聴会なんてやりたくないんだろうな。 採決を急ぐために日帰り圏内の横浜で開催したとしか思えないのです。 一事が万事と言いますが、こんな感じではほかのことについても地方の声を聴くのは形式的になってしまうのではないでしょうか? iPhoneから送信

続きを読む

3万人か、12万人か

 この前の日曜日、国会前での「戦争法案反対デモ」には多くの人たちが参加しました。  多くの人たちと書きましたが、主催者発表で12万人、警視庁発表で3万人となっています。  この手のものは主催者発表が警察の発表より大きな数字になるのですが、それにしても4倍の開きがあるとは。  どっちが正しいのか考えてみました。  よく「東京ドーム○○個分のショッピングモール」といった、東京ドームを物差しにたとえた言い方があるので、私も東京ドームを物差しに考えてみました。  東京ドームのスタンドの収容人員は46,000人です。新聞でも空中から撮影した写真があり、またテレビの中継なども見たのですが、あの人波が東京ドームのスタンドの約7割に収まるとは思えません。  じゃあ、主催者側の12万人という数字ですが、私は12万人も入るスタジアムを知らないので、今一つピンと来ないのです。  この国を憂いて集まった人々の気持ちに水を差すつもりはないのですが、12万人という数字が大きすぎてよくわからないのです。もっと少なったかもしれないし、もっと多かったかもしれません。    「本当のことはよくわからないが、とりあえず警視庁の言っていることは信用してはいけない。」という、法治国家に住む身としては残念な結論になってしまいました。 さて、多くの人々が集まると言えば、2020年の東京オリンピック。 見直しされた設計案では仮設スタンドも入れると8万人対応とのこと。 今回のデモを踏まえて、多くの人が集まると…

続きを読む

ピースパレードIn一関

7/23夕方、「STOP!戦争法案 ピースパレードIn一関」が開催されました。 岩手県議会でも、一関市議会でも戦争法案に反対する決議が採択されています。 安倍総理は「違憲性はないと確信している」といいます。 たとえば、私が高速道路を200kmで突っ走って、警察に止められたとします。 その時私が「私の車の安全性にも、私の運転技術にも確信を持っている。だから決して危険ではない」と言っても、警察は許してはくれないでしょう。 安倍総理の「違憲性はない」という発言も「それは、あなたが思っているだけでしょ」と言いたくなります。 おかしいですか?でも、夜道で暴漢に襲われるたとえや、近所が火事になるたとえよりはわかりやすいと思うのですが(笑) そんなわけで、私も憲法違反の戦争法案には反対です。 iPhoneから送信

続きを読む

国民平和大行進、花泉を通過

 2015年の国民平和大行進は、6/13に花泉町を通過しました。    NPTは残念な結果に終わってしまいましたが、核の廃絶を願う人々の行動は今年も続けられました。  私は、午後から、歩くのではなくワゴン車の運転を担当したのですが、県境を越えて栗原市若柳に入ると宮城県警察のパトカーが来て、パトカーの先導で運転するという初めての体験をしました。  若柳公民館で、岩手・宮城の引き継ぎ集会があり、約50名が参加したのですが  このような表示がありました。  栗原市は放射性廃棄物の処分場の候補となっていますが、地元は反対の意思を示しています。  3.11の原発事故でシイタケ生産者や畜産農家が被害を受けたことや、処分場の問題を考えると原発の再稼働についてもちょっと待てよ、と思うのであります。

続きを読む

休日でした

画像は青少年・社会教育研究集会の帰りに平泉で食べた「もちすいとん」です。餅とすいとんの両方を味わうことができると思って注文したのですが、餅をすいとん風に味付けしたもので、すいとんは入っていませんでした。今日は仕事が休みだったので病院に早くいくことができました。それはよかったのですが、病院で寝てしまったためにこれから眠れなくなりそうです。 ニュースを見ています。戦争が始まるのでしょうか・・・。

続きを読む

何と題名を付けていいのか

 イスラム教について知っているのは、豚肉を食べてはいけないこと。  ほかには、アルコールが禁止であることや、ラマダンという断食の季節があることなど。  とても、私にはイスラム教徒にはなれそうにない、厳しい戒律です。    イスラム教徒の人々と、今非道な事件を起こしている「イスラム国」を一緒にしてはいけないと思います。本来のイスラム教徒は、あんなひどいことはしないと思います。  私の家は宮城県のテレビも映るのですが、イスラム国に拘束されている後藤さんのニュースは、宮城県ローカルでも取り上げられています。後藤さんの叔父さんが複雑な胸中を語っていました。  危ないのがわかっていながら、行くことはなかったのではないかと思います。でも、後藤さんの仕事から、戦禍に苦しむ一般の人々の暮らしが伝わってきます。大きなマスコミにはできない個人の仕事です。  なんとしても、後藤さんには助かってほしい。でも、身代金を払ったりすると、きっとまたイスラム国は同じような事件を起こすでしょう。そうなると、また多くの日本人の命が危険にさらされることになります。  イスラム国というのは、もともとはイラクのサダムフセインの与党だったグループが作ったのだそうです。そうすると、アメリカが武力でサダムフセインをやっつけたことが今日の事態の原因なのか?  安倍総理のいうところの「集団的自衛権」。本当にそれが、日本を守ることなのか、それとも戦争に巻き込んでいく動きになるのか、よく見極めなくては。  話が変…

続きを読む

命の重さ

もと中日ドラゴンズの大豊さんや、柔道の斎藤さんとか、わたしと同年代の方が亡くなりました。 大豊さんは、骨髄移植を受けて快方に向かっていると思っていたので本当に残念です。 白血病という病気も決して珍しいものではないと感じます。 それにしても最近の中日ドラゴンズは、OBの訃報でしかスポーツ新聞の一面にならないのでしょうか。情けないです。奮起を期待します。 イスラム国に誘拐された日本人のこと。 最初聞いたときは「危ないところに行かなければいいのに」と思ったのですが、ジャーナリストの方は戦争の被災者に寄り添う心優しい方のようです。 どうか無事に帰ってくるようにと祈るばかりです。 iPhoneから送信

続きを読む

表現の自由に想うこと

一緒にしてはいけないと思うのですが、フランス連続テロ事件のニュースを聞いた際、最初に浮かんだのは「ビートたけしのフライデー殴り込み事件」でした。 言論の自由、表現の自由は大事です。そういうものが封殺される世の中がいい方向に向かうとは思えません。 しかし、書かれるほうが人である限り、胸の痛みがあると思います。言論を生業とする皆さんには、そういうものにも配慮しながら、表現の自由を大事にしてほしいと思います。 もちろん暴力がよくないのは当然ですが。 インフルエンザがはやっています。皆さんご自愛ください。

続きを読む

まだ行ったことのない県

まだ行ったことのない県は 鳥取・島根・大分・沖縄の4県です。 徳島も、高速道路で通過しただけなので、どんな土地かはよくわからないのですが、 まあいいことにしましょう。 島根は、一畑電車が走っていますので、いづれ行ってみたいです。 島根に行けば、おそらく鳥取も行くことになると思います。 大分は、あまり行こうとは思いません。 沖縄。 政府が、沖縄に対する予算を減らそうとしているとか。 沖縄では、基地に反対する県知事や国会議員が当選していて このことに対する締め付けでしょうか。 スコットランドのように、沖縄が日本から独立しよう、などということにならなければいいのですが。 沖縄に対して政府が予算を減らそうというのであれば、 沖縄のことを気にかけている国民が、沖縄をおとずれて、観光でお金を使って、沖縄の経済を支援しようではありませんか。 もっとも、政府の沖縄振興予算に比べれば、微々たるものですが(笑い) もちろん、行ったらモノレールにも乗ってきます。 行きたいですね、沖縄。 ・・・岩手、寒いです。暖かいところはいいなあ・・・

続きを読む

今日はあちこちで風が吹き、被害も出たようです。 私の勤務先では、懸垂幕が破損しました。 天災であればあきらめもつきますが、人災は納得がいかないものがあります。 「解散風」という人災です。 冬の嵐のように急に吹き始めた「解散風」思いがけない突風です。 今回の解散に大義があるのかと考えてしまいます。 景気が悪いので消費税の増税を先送りする、なんていうのは総理の判断でできることであって それを理由に、数百億円の経費をかけて国政選挙を行うのは無駄なような気がします。 あまり目立った成果がなく、政治と金の問題でほころびが出始めた安倍政権が 追い込まれる前に解散風を吹かせている感じであります。 しかし、選挙で国民の信を問わねばならないテーマは 機密保護法、集団的自衛権、TPPへの参加などまだまだあるわけでして もし選挙になれば国民はそういった争点に対して意思を表示しなければなりません。 個人的には、福祉レクワーカーのレポートが進んでいないので、残業が増えるのはツライものがあります。 やっぱり選挙になるのかなあ・・・(あきらめ)

続きを読む

裁判官と弁護士

小学校のころ、何を思ったか、私は突然「大人になったら裁判官になる」といったことがあります。 まだ、裁判官になるのがどんなに困難なことかわからない頃の話です。 それを聞いていた母親は「弁護士のほうがいいわよ」といいました。なれるわけないのに。 蛙の子は蛙、なんですけどね。 このときは、あまりに母がしつこく「弁護士のほうがいい」というからケンカになってしまいました。 子どもの頃の私としては、「悪いやつを牢屋に叩き込む裁判官とは、とても素晴らしい仕事だ」と思っていたのですが、母は弱い者の味方になる弁護士という仕事を尊敬していたのでしょう。 裁判官と弁護士、どちらも大事な仕事ですが、 おそらく近い将来、「憲法解釈変更の閣議決定は誤りではないか」という訴えが出てくると思うのですが、その時は 「間違っているのは安倍総理のほうだ」 と、裁判官には言ってもらいたいものです。

続きを読む

お乗り間違えの無いように

私は電車が好きです。 電車に関しては、100パーセント乗り間違いのないという自信があります。 でも、人間ですから、間違えることがあるかもしれません。 そんな時でも「間違えたけれど、変わった電車に乗れて楽しかった」と感じると思うのです。 世の中には、間違ってはいけない選択肢があります。 「集団的自衛権」という列車。 乗ってしまってから「こんな方向へ向かうはずではなかった」とか「降りたくても途中下車はできない」とか、 そんなことにならなければいいのですが・・・。

続きを読む

青少年会館の懇親会

 6月21日、一般財団法人岩手県青少年会館の理事、評議員の懇親会がありました。岩手県及び岩手県教育委員会の青少年教育担当者も出席をいただきました。  岩手県青少年会館では、9月7日に「みたけが原まつり」を開催しますが、今年は私も「鉄道おもちゃ走らせ隊」を出展させていただきます。プラレールやBトレインショーテイーをお持ちの皆さん一緒に楽しみましょう。 それから、来年度「全国青年団OB会総会」が岩手県で開催されるということです。  ところで、青少年会館の理事長から「○○町の××くんはどうしているのか」と聞かれました。  理事長は、かつて青少年会館を根城に活動した後輩たちが、青少年会館に顔を見せないのはとても寂しいことだと思います。  私たちの年代は、職場でもそれなりに責任のあるポジションにいます。そのほか、子育てやPTAなどでも忙しい時期です。  でも、わたしと同年代の岩手県青年団体協議会OBのみなさんでこれを見ている方がいたら、ぜひぜひ岩手県青少年会館に電話を入れてみてください。  お酒の入る席ではありましたが、ハードな話題もありました。  県内の自治体でも「集団的自衛権の行使に反対」という意見書を採択するところが出てきています。 iPhoneから送信

続きを読む

2014国民平和大行進

 核兵器のない世界を願う取組、2014国民平和大行進が今年も北海道・礼文島を出発しています。   何事も間の悪いということがあるのですが、今年の国民平和大行進の花泉通過は、サッカーワールドカップの日本―コートジボワール戦と重なってしまいました。  11時30分に天神橋で岩手県の行進団を出迎えました。岩手県の行進団は約15名でした。各自スマホやワンセグで、日本の劣勢を聞きながらの行進となってしまいました。  花泉駅前コミュニティセンターで昼食・休憩となりました。  休憩後、花泉からの参加者を行進に加え、JR花泉駅前を出発。  花泉~涌津小学校~油島駅前と行進し、宮城県境の仮谷橋では宮城県の参加者も加わって若柳公民館まで行進を行いました。  若柳公民館では岩手・宮城の引き継ぎ集会がありました。宮城県内各地の首長・議長からの賛同のペナントが飾られていました。  歓迎集会では「安倍総理の暴走に歯止めをかけなければならない」とあいさつがありました。また、栗原市では放射性廃棄物の処分場に反対する取り組みが行われていて、参加者に署名への協力要請がありました。  各団体の団体旗が岩手から宮城に手渡され、引き継ぎ集会は終了しました。  国民平和大行進は、6/21に福島、6/28に栃木、7/12に埼玉に入り、7/24に上野公園に到着の予定です。

続きを読む

秘密保護法案

私の模型のレパートリーにミリタリーという分野はないのですが、戦闘機や軍艦の模型を作る人たちがいます。私の知る限りでは、決して彼らは好戦的な人種ではなく、純粋に技術的な興味を持って模型を制作しています。    さて、現在政府は、秘密保護法案なるものを策定しようとしています。言葉だけはいいことのようにも解釈できるのですが、中身はとんでもないことのようです。  政府の案では保護すべき秘密は「行政機関の長が定める」というものです。このことは、国民に知られては困る情報を、恣意的に「秘密」にされてしまう危険があります。また、「秘密」をもらすと「罰則」もあるとのことです。  要は「なにが秘密かは秘密だよ」という、マンガのような状況です。  軍事情報も「秘密」でしょうし、テロの標的になる可能性があれば、原子力発電所も「秘密」の扱いを受けるでしょう。  ということは。  たとえばモデラーが、独自取材に基づいてオスプレイの模型を作って飛ばしたり、グーグルの地図を見ながら女川原子力発電所のジオラマを作ったりしたら、秘密を暴露した罪でつかまったりしかねないのです。  秘密保護法案、このまま成立させてしまってよいのでしょうか…?

続きを読む

2013原水禁世界大会報告会

 8月に長崎市で開催された「原水禁世界大会」に参加した両磐地区代表団の報告会が26日夜一関文化センターで開催されました。岩手県原水協の津村事務局長からは来賓あいさつをいただきました。 続いて6名の参加者がそれぞれ「一人でも多くの人に核の悲惨さを伝えたい」「署名行動などまず自分で出来ることから着実に実行していきたい」といった感想を述べていました。この日の出席者には「原水爆禁止2013年世界大会」の報告集が配布されました。国連事務総長のメッセージやオリバー・ストーン監督の声明も収録されています。  報告会終了後は、一関文化センター2階の「つばき」において懇親会が催されました。

続きを読む

日本

明日から参院選がはじまります。 安倍総理は日本の原発の再稼働を進めています。また世界中に原発を輸出しようとしています。大規模な災害が起きたらどうなるのか心配です。 またTPPも推進しています。一部の農家は輸出に活路を求めることもできるでしょうが、全ての農家が対応できるとは思えないのです。 日本の農業農村はどうなるのか心配です。 安倍総理のポスターには「日本を取り戻す」とありますが、「日本を取り壊す」の間違いではないかと感じるのです。

続きを読む

2013国民平和大行進

 6月16日(日)、 「核兵器の廃絶、非核三原則の実行」を訴える「2013国民平和大行進」が一関市花泉を通過しました。  午前11時30分頃、一関文化センターからの岩手県行進団が花泉町天神橋に到着。ここから、花泉町からの参加者も加わり花泉駅前まで行進しました。  正午からは花泉駅前コミュニティセンターで昼食休憩となりました。参加者の簡単な自己紹介もありました。  午後1時には、約30名の参加者全員で記念撮影をした後、平和行進を再開。国道342号線を南下し涌津地区へ。涌津からは油島地区をとおり県境の仮谷橋に到着。ここで、宮城県の行進と合流し、栗原市の若柳公民館まで全員で行進しました。  若柳公民館では、岩手・宮城両県の引継ぎ集会がありました。各団体からのあいさつがありました。  あいさつでは「安倍総理は、福島の原発事故の収束も終わらないうちに、他の国に原発を売り込みに歩いている。こんなことが許されるのか」「核兵器の問題と原発問題は根っこの部分でつながっている。どちらもなくしていかなくては」といった話がありました。  最後に、北海道・礼文島の行進開始から引き継がれてきた各団体の旗が、岩手から宮城にリレーされ、引継ぎ集会は終了しました。    今年は、沿道の反応が、以前よりも良かったような気がします。一関も原発事故の被害を受けているせいでしょうか・・・。

続きを読む

体力の低下

 先々週はドラゴンズの試合を仙台まで見に行って腰を痛め、先週は大船渡でBRTの車中で転倒し肩甲骨や鎖骨のあたりを痛めました。BRTでいためた箇所は痛くて夜眠れないこともあり、結局整形外科と気功整体に一日行きました。整形外科では骨は折れていないとの診察で、痛み止めとシップをもらったのですが、気功整体の先生は「薬というのは感覚を麻痺させるだけで何の解決にもならない」と言い、「気功を入れますから」と言って首のあたりをエイエイと押しました。おかげでだいぶ楽になりました。  気功の先生は基本的に薬を飲むのは胃を悪くするだけだといい、薬は飲むべきでないという信条があるのですが、私の場合、透析の先生や眼科などからも薬をもらっており、それは飲まないわけには行かないのです。腎臓を壊す前に気功の先生にあっていればなあと思います。  余談ですが、気功の先生に言わせると「雅子さまのご病気も薬の投与のし過ぎ」だそうです。 それにしても、週末に出かけるたびに体調を」崩すようではいけません。何とかもう少し体力をつけたいものです。明日は「国民平和大行進」があり、5~6キロメートル程度はあるくことになるのですが、月曜日以降の仕事に差しさわりが出ないように気をつけなければ。といっても、晴天が予想されるので帽子をかぶる程度しか対策はできないのですが。 【ここで業務連絡。一部のチラシに国民平和大行進のコースに花泉支所が入って掲載されていましたが、昼食休憩は花泉駅前コミュニティセンターです。】 来月の7日…

続きを読む