メイプルに行って思ったこと

 岩鉄の総会というのは毎年メイプルで行っている。昨年は、コロナのために1年間活動を休止するということになり、総会は行わなかった。だから、メイプルに行くのは2年ぶりである。 鉄道フェスタの会場の下見にメイプル内を歩いたが、2年前に比べて遊休スペースが多くなっているのではないかと思った。この施設を何とかしなければと思う地元の人たちの気持ちもわからなくはない。 一関にも空き店舗を活用した施設としてなのはなプラザがある。メイプルにはエスカレーターがある。なのはなプラザにはない。エスカレーターを稼働させるのにどのくらい経費が掛かるのかわからないけど、エスカレーターを動かすだけでかなり経費が掛かりそうだ。なのはなプラザは2階に催事場スペースがあるが、何もない日は閉鎖している。常に全館開けていて、虫食い的に空きスペースが発生しているメイプルのほうが大変そうである。 ところで、JCの担当者が「昨年遠野の鉄道フェスタを初めて見て感動した」というようなことを言っていたのだが、正直ええっと思った。水沢ではもう20年も鉄道フェスタを開催しているのに、この担当者は水沢の鉄道フェスタは見たことが無い、ということなのだろうか。 メイプルには行ったことはないが、郊外の大型店には行くという人たちと同じではないか。 遠野には路モジは出展していない。だから、遠野と同程度のものを出展すればいいのであれば、路モジは出さなくてよいのでは?  嘘だ。 そんな天邪鬼のようなことは言わない。 できることしかできないのだから、できることを精一…

続きを読む