新田老とQ太郎

 宮古に到着後、駅改札を出ると、「遅れている久慈行きがまもなく発車します」とのアナウンスがありました。前夜からの雨でダイヤが乱れているのです。本来はさんりくトレインから接続はなかったのですが、待っていた久慈行きに乗り込み、新田老に向かいました。
RIMG3003.JPG
 新田老はこの春開業した新駅です。高架上のホームから建物に入ると3階から階段を下りて1階におりました。
 無人駅でしたが、年をとった日直の人がいました。列車の運行状況を確認したくて声をかけて列車の運行時刻を聞くと「時刻表が貼ってあるよ」とのこと。私が「大雨で列車のダイヤが乱れているので聞くのですが」と言葉をつづけると「ここではわからないので電話をかけてみたら」と言います。「総合支所の日直の方ですか?」と聞くと、そうだとのことです。
 この駅は、宮古市役所田老総合支所の建物であって、三鉄の駅はその一部を間借りしているといった印象でした。
 この日直の人は、三鉄の業務まで頼まれてはいないので、三鉄の運行状況を答える義務はないのだろうと思いました。田老の人は、休みの日に戸籍の届け出を行う際は、この日直に提出するのだろうか?
 駅を出ました。駅名標には「道の駅たろうまで徒歩5分」とあるのですが、駅前にはどっちへ歩いたらいいのか表示がありません。とりあえず、大きな道路に出てみると、郵便局がありました。ここでお金を下ろすことにしました。ホリデーパスを持っているものの、帰りの列車が止まってしまったら、106急行バスで盛岡に出ることも想定したからです。ここで宮古駅に電話をしてみたのですが、話し中でつながりませんでした。
 郵便局でお金を下ろしてから、大きな道路に出ると「田老中町」のバス停がありました。バスの時間を見てみると、宮古まで結構本数がありました。使えそうなバスの時間を確認して周辺をみまわすと、ちょっと離れたところに、「道の駅たろう」らしき建物が見えたので、雨の中道の駅まで歩きました。
 「三陸ジオパークのゲートウェイ 道の駅たろう」内の「善助屋食堂で」
RIMG3004.JPG
 どんこ唐揚げ丼としょうゆラーメンのセットを頼みました。どんこは唐揚げにすると身がほくほくしていておいしかったです。
 善助屋食堂は、次から次へとお客さんがきて、あまりゆっくりできる雰囲気ではなかったので、唐揚げ丼とラーメンを食べ終わると、
道の駅にの休憩スペースに移動しました。ここで三鉄宮古駅に再度電話を入れてみたのですが、また話し中でした。
 再度来た道を引き返したのですが、新田老駅に行っても列車の運行状況がわかるとは思えず、このまま田老駅まで歩くことにしました。
 道路の上の電光表示器は
RIMG3006.JPG
三陸道の延長開業を伝えていました。こんな日に列車で宮古に来る私は「へそまがり」なのかと思いました。
田老駅に着きましたが、ここも無人駅でした。
RIMG3008.JPG
 駅前のバス停でバスの時間を確認していると、県北バスがやってきました。運転手さんは「このバスが、一度終点まで行って、折り返して宮古行きになるのだ」と教えてくれました。県北バスの運転手さんは親切です。
 田老駅のホームまで一応上がってみたのですが、運行状況を知らせる表示などは何もなかったので、県北バスで宮古駅に戻ることにしました。
 バスは宮古病院を経由しました。昔、大切な方のお見舞いに来たことがあります。何年前になるでしょうか。お子さんがいたと思うのですが無事に成人したでしょうか。
RIMG3010.JPG
 宮古駅に到着しました。三鉄リアス線はダイヤが乱れているし、帰りに予定していた釜石線も運休が出ているので、さんりくトレインで盛岡に出ることにしました。
RIMG3032.JPG
 せめて、三鉄の支援になればと思い、田老で下ろしたお金で「鉄印帳」を購入しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント