600ボルトの男

アクセスカウンタ

zoom RSS オート三輪を載せて

<<   作成日時 : 2006/08/04 14:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日は午後から夏期休暇を頂き、くりでんの貨物列車にいってきました。今回はいままでとは違い、オート三輪をつんで、栗駒での展示回送という役目も兼ねていたので、前回とダイヤが違いました。
 とても暑かったのですが、前回のように定期列車が運休するほどの強風ではなく、夏空の下、田んぼのみどりに赤い機関車が映えました。オート三輪を貨車に載せるのはミスマッチではないかとも心配したのですが、載せてみるとあまり違和感はありませんでした。
 大勢の鉄道ファンが今回もまたくりでんをおとずれてくれました。ありがたいことです。もっとも、平日だからこの程度の人数だったわけで、日曜日だとどんなことになったかなあと思ったりします。
 くりでんには、いま、土日に多くのお客様がおとずれます。くりでんを一人でも多くの方にしってもらいたいという気持ちもあって、くりでんの貨物列車復活運転を行なってきましたが、そういう点の目的は達成したように思います。
 もう一度、寄附金を募って、貨物列車運転を企画すれば、貨物列車運行に必要なお金は集まると思います。でも、そろそろ単発イベントより別なことを考える時期に来ているような気がします。
 栗駒での入れ換え作業が終了した後、くりでん応援クラブの会長と一緒になり、風土館でコーラをご馳走になりました。くりでん応援クラブの会長は、いまでもくりでんは営業路線として(一部でも)存続すべきとの思いです。明日もKD10やボンネットバスのイベントに自ら集客をするなど精力的に活動しています。
 でも。
 くりでんのパンフレットには「90年間ご愛顧ありがとうございました。」の文字が入り、細くラマインパークでは「くりでん最後の夏休み」とのチラシが張られ、風土館では「2007.3.31廃止」の文字が入った鉛筆が売られていて、もはや廃止は既定の事実となったように見受けられます。
 私は、営業路線としての存続が無理であれば、「保存鉄道」というのも検討の価値があると思います。でも、それも、くりでん沿線の方々がアクションを起こしてこそお手伝いもできるというものと感じています。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オート三輪を載せて 600ボルトの男/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる